加齢による免疫機能の低下について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

加齢による免疫機能の低下について

カテゴリー:

加齢現象は、どうゆうわけか免疫反応の能力の低下を引き起こします。これにより、感染症や炎症による疾患の増加が生じます。先進国の平均寿命が長くなるととに、加齢による健康変化の発生率が高くなります。健康に年齢を重ねて行く人がいる一方で、やはり若い人に比べ年配者たちの方が感染症に関する病気にかかりやすく、また最悪の場合それらの病気により死に至ることがあると、様々な研究で結論づけられています。ではどのように、加齢免疫機能低下は関係しているのでしょうか。

年配者における免疫低下

世界的に65歳以上の人は、呼吸器感染症インフルエンザ、そして特に肺炎にかかった場合の死亡例が多いということです。なぜこのようなことが発生するのかは定かではありませんが、この類の病気の発生率はT細胞に生じる病気に関わると観察する研究者もいます。研究者によると、加齢による胸腺萎縮によって、感染症を撃退するT細胞の生成が減少するためではないかとされています。

加齢による体への変化

胸腺の機能は1歳から低下し始めます。この胸腺の機能低下がT細胞の生成減少を説明するかどうか、それともその他の体内の変化により生じるのかは、完全に明らかにはされていません。また、細胞の免疫機能を向上させる幹細胞の生産が、骨髄で低下する事によりこれらの変化が生じるのではないかとする研究者もいます。

ワクチンと免疫の関係

免疫反応の低下と感染症は、年配者がワクチンを受けた際に生じる体の変化によって説明されます。

例えば、インフルエンザワクチンに関する実験で、65歳以上の人がインフルエンザワクチンを接種した際、その効果は健康な子ども(2歳以上)と比べ遥かに効果が低いことが明らかにされています。しかし、効果の軽減があるとしても、インフルエンザ肺炎レンサ球菌のワクチンを接種した場合、接種していない人と比較すると病気にかかるリスクが顕著低いことが示されています。

先進国でも起きる栄養不足

また、摂取する栄養素と免疫系にも関係があるとされています。

豊かな国においても、「微量栄養素欠乏」と呼ばれる一種の栄養失調が、驚くほど一般的であります。微量栄養素欠乏は、通常は食事などで摂取される、必須ビタミンや微量ミネラルの不足により生じます。特に、年配者の場合は食事において、限られた食品を好んで食べる傾向があり、それが問題とされています。しかし問題は、サプリメント等を摂取する事で、健康な免疫系を維持することが可能であるかどうかです。ですから、栄養不足と免疫低下を心配する場合、この類の栄養素に関する経験が豊富な内科医にアドバイスを促することが推奨されます。

まとめ

加齢における体への変化は、様々なところで生じますが、今回は加齢によって起きる免疫機能への影響に注目しました。なぜ加齢により、免疫系の機能が低下するのかは研究途中であり、明らかにされてはいませんが、その原因などが様々な方面で研究され予測されています。また、免疫機能を維持するためには、腸内環境の改善や細胞を攻撃するフリーラジカルなどの影響も言及されています。腸内環境を改善させる方法や、フローラジカルへの対処法に関する研究はさらに進んでいるため、具体的に生活に取り入れやすいと思われます。

How to boost your immune system


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。