免疫を強化するリスクとプロセス | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

免疫を強化するリスクとプロセス

カテゴリー:

免疫強化を促進するとされる商品は、お店などで販売されている一般に流通しています。しかし、免疫強化させるには、科学的にあまり意味をなしません。実際に、免疫細胞やその他の細胞など、やたらと体内の細胞の数を増やすプロセスは必ずしも良い結果を生むだけではありません。例えば、血液ドーピングを行なっているアスリートは、血液細胞の数を増やし、運動の能力を高めるために、血液を促進するのですが、同時に脳卒中のリスクを増加させます。

免疫はどのように強化されるのでしょうか?

免疫系の細胞の成長を促進することは、免疫系にはそれぞれ異なる反応をする、数々の微生物が、様々な異なる種類の細胞が存在するため特に複雑プロセスであります。

どれくらいの数のどの細胞の機能を、促進するべきなのでしょうか?

現段階では、この答えは明らかにされていません。今明らかにされているのは、免疫細胞は体内で常に生成され続けているという事です。また、体内で使用される以上のリンパ球が生成されていることも証明されています。余計な細胞は、アポートシスと呼ばれる現象により自ら細胞死を起こします。アポートシスで自殺する細胞の中には、何も兆候がないまま死ぬものと、体を守るための戦いの後に死ぬものが存在します。しかし、どれくらいの数の細胞を存在させることで免疫系の最適な水準の機能を保つことが可能であるかは、まだ明らかにされていません。

細胞の自然死

細胞が死ぬには2つの方法があります:壊死アポートシスです。

壊死

壊死は、毒や損傷、感染症、血液の供給が途絶えた場合(心臓発作や脳卒中などによりしばし生じる)により発生します。細胞が壊死により死んだ場合、体内でさらなる苦痛を与える炎症や損傷が生じるため、大惨事になる場合が多いということです。

アポートシス

一方でアーポトシスは、細胞が自殺を起こす現象を言い、壊死に比べて大変穏やかであります。壊死とはどのように異なるのでしょうか?まず1つは、死亡した細胞の片付けがとても簡単です。アーポトシスはプログラムされた細胞死とも言われ、言葉の通り、細胞が死ぬ過程は管理され、予想が可能なルーティーンの元で行われます。

まとめ

体内の免疫を向上させるプロセスは、とても複雑な工程でありますが、この免疫系が寿命や病気に大きな関わりを持っていることはよく知られています。中には腸内環境を守ることで、免疫機能に大きな変化をもたらすとする研究もあります。腸内環境の改善は、長く研究されており身近に始めやすい健康管理であると言えます。身近に行える健康管理から、免疫機能の向上を目指してみましょう。

How to boost your immune system

What is apoptosis?


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。