とびひの症状は悪化すると危険? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

とびひの症状は悪化すると危険?

カテゴリー:

関節痛

 

あせもや虫刺され、肌の露出が増える夏に流行しやすい「とびひ」。悪化させてしまい全身に影響がでる場合もあります。悪化したときの症状や、悪化を予防するための対策を紹介します。

 

とびひとは

 

とびひの医療用語は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といいます。なぜ「とびひ」と呼ばれる様になったかというと、皮膚が痒くてかきむしると、症状がどんどん広がっていく様が、まるで火事の火の粉が周りに飛び散り広がって行く様子に似ている事から、とびひと言われるようになりました。

 

とびひは感染する

 

伝染性とありますから感染する病気です。原因である、細菌の黄色ブドウ球菌・溶血性レンサ球菌(溶連菌)から感染して皮膚が痒くなります。

 

蚊に刺されたり、あせもやアトピー、転んだ後が痒くて引っ掻くと、そこに細菌が感染して、広がっていきます。鼻をほじる癖のある子供だと、指先に細菌がつき、その手からとびひを広げてしまう事が多いです。

 

大人もとびひにかかる?

 

主に子供がかかる病気です。大人のとびひは少ないですが、全くないというわけではありません。家庭内で子供から感染することもあります。しかし、大人は子供に比べて皮膚のバリアが強いので、感染しにくく、子供より治りやすいです。

 

とびひの主な種類

 

⒈ 水疱性膿痂疹

 

これは「黄色ブドウ球菌」が感染しています。

 

水疱をつくり、痒くて掻きむしっているうちに水疱が破け、滲出液が出てきてついた他の皮膚に発疹ができ、どんどん火の粉の様に広がっていきます。

 

⒉ 痂皮性膿痂疹

 

これは「溶連菌」が感染しています。

 

痂皮とはかさぶたのことです。厚いかさぶたが全身にできて、炎症症状が強く、発熱、咽頭痛、リンパ腫長などの全身症状が出ます。

 

かゆみ

 

とびひを悪化させると全身に影響が?

 

とびひは皮膚症状だけでは、さほど怖い病気ではありませんが、稀に全身に病変が出る場合もあります。

 

「SSSS(ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群)」

 

黄色ブドウ球菌が、表皮剥奪毒素という毒素を出し、血流を介して全身に広がるというものです。全身の皮膚が真っ赤になり、火傷の様に、水疱が出来てただれてむけてしまう症状です。

 

全身に強い痛みを訴えます。目ヤニが出て、口の周りに痂皮ができ、放射線状の線ができます。昔は、SSSSで重症化した患者さんも多くいました。今は良く効く抗生物質があるので、すぐに治療を始める必要があります。

 

「猩紅熱」

 

「溶連菌」の感染により起こる全身疾患です。全身に赤く細かい発疹が広がり、痒みを伴います。発熱、咽頭痛、舌がイチゴの様にブツブツと赤くなります。

 

こちらも抗生物質をしっかり飲めば大丈夫ですが、治療を勝手に中断したり、薬を処方されたとおりに、全部飲まないと、急性糸球体腎炎や重症化すると敗血症をきたすこともあるので注意が必要です。

 

悪化させないよう、正しいタイミングで病院へ

 

とびひが1〜2個と少しであれば、治療しなくてもスキンケアで治ることもあります。しかし、掻きむしってしまうほど痒がっているのであれば、そこから広がる可能性もあるので、早目に受診することをおススメします。

 

アトピー性皮膚炎の場合

 

アトピー性皮膚炎のお子さんであれば、気がついたらすぐに受診した方が良いです。アトピーは普段から痒みが強くてたくさん引っ掻いてしまいます。そこに細菌が感染してとびひになってしまうと、治るのに時間がかかります。

 

○虫刺されがある場合

 

夏の時期ですと、蚊に刺されて痒くなりやすいです。大人なら掻くのを我慢できますが、子供は我慢できません。刺されたところを引っ掻いてそこに細菌感染してとびひになってしまいます。子供には市販で売っている、痒み止めパッチがおススメです。

 

これなら刺された部分が、保護されているので、とびひにならず虫刺されもあっという間に治ってしまいます。

 

とびひを悪化させる禁止事項

 

とびひになった時には、いくつか注意事項があります。

 

  • シャワー浴をした時に、患部をゴシゴシ洗ってはいけない。刺激になり症状が悪化するので、泡でそっと洗うこと。
  • 患部をそのまま露出しない。滲出液が出てきて、ほかの部分に広がってしまう。周囲の人に感染することがあるので、必ず軟膏を塗布したガーゼで覆う。
  • 医師から処方された塗り薬や内服薬は途中で自己中断せず、必ず指示に従い使用すること。
  • 子供の場合、無意識に掻きむしってしまうこともあるので、悪化させないためにも爪を短く切っておく。

 

また、感染防止のため、公衆のプールや銭湯には治るまで行かないようにしましょう。自宅のお風呂でシャワー浴をしましょう。水を介して感染する可能性は少ないですが、ビート板や洗面器などの用具に滲出液がつき、そこから周囲の人に感染する可能性もあるためです。

 

医師

 

まとめ

 

夏の時期は皮膚トラブルが起きやすくなります。身体に汗をかいて皮膚の清潔を保てなかったり、蚊に刺される機会も非常に多いです。そこから皮膚を搔きむしり、とびひになってしまいます。

 

とびひは皮膚症状だけでは決して怖い病気ではありません。而して、悪化して全身に影響を及ぼすことがありますので、日頃のケアが非常に大切です。

 

【執筆】看護師:但野 史子

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る