腸内細菌とボディメイク:前編【筋トレシリーズ⑥】 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

腸内細菌とボディメイク:前編【筋トレシリーズ⑥】

カテゴリー:

ボディメイク腸内環境

腸内細菌健康との関係が注目される昨今。免疫力の強化・尿酸値を下げるなど、特有の機能をもつ乳酸菌が次々と研究によって発見され、乳酸菌飲料として商品化されています。そして驚くべきことに乳酸菌は健康のみならず、ボディメイクにも大きく関わっているのです! 今回は乳酸菌を含む腸内細菌の健康効果・そしてボディメイクへの影響をお話ししていきます。

腸内細菌とボディメイク

 

腸内細菌には俗にいう

  • 善玉菌(身体にとって、一般的に良い影響を及ぼす菌。乳酸菌を含む)
  • 悪玉菌(身体にとって、一般的に悪い影響を及ぼす菌)
  • 日和見菌(善玉菌・悪玉菌のバランスのうち優勢な勢力の特徴を帯びる菌)

の3種類があますが、このうち特に身体にとって大きな影響を与えるのは意外なことに『日和見菌』です。その理由は腸内最近の環境を構成する菌群のうち、一般的には7割程度の大部分が日和見菌だからです。そして少数の影響力の大きな菌群である善玉菌と悪玉菌の影響によって大部分の腸内細菌はコントロールされます。また、乳酸菌が増えることで善玉菌は優勢になり、日和見菌を味方にすることができます。

 

腸内環境が身体に与える影響

 

では、腸内環境が身体に与える影響にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

●便通

腸内環境は便通に直接的な影響を与えます。便秘が始まると、なかなか出ない日が長く続くのに、一度出始めるとしばらくはお通じの調子が良いという経験はありませんか?それは一度便がでることによって、腸内の環境が整い・良い循環になりやすいからです。良い習慣を続けることで良い循環が始まると、不摂生をする日が続いてもまたすぐに良い腸内環境に戻りやすいのです。

 

●バクテロイデス門とフィルミテクス門の菌群の影響

先に紹介した日和見菌の分類の中には多くの菌があります。代表的で影響力の大きいのがバクテロイデス門とフィルミテクス門の菌群。

バクテロイデス門の菌群は腸内フローラの善玉菌が優勢になった時にその能力が大きくなる菌群です。バクテロイデス門の菌群が勢力を伸ばすと、オン酢酸・酪酸・プロピ酸などの短鎖脂肪酸が腸内で産生され、一部大腸から吸収されます。体内に吸収され、血中に入った短鎖脂肪酸は脂肪細胞に直接働きかけ、エネルギーを取り込んで脂肪細胞が肥大することを防ぐ働きがあるのです。

フィルミテクス門の菌群は悪玉菌の増殖によってパワーを増す菌群です。高カロリーや食物繊維の不足した食習慣によってフィルミテクス門の菌群が増えてくると、カロリーを余分に体内に取り込む働きが強まり、どんどん体脂肪がつきやすい体質になってしまうのです。太りやすい食事によって更に太りやすい体質になってしまう悪循環。これはなんとしても歯止めをかけたいところですね。

 

食物繊維 スムージー

まとめ

腸内環境によって同じものを口にしても身体が変わってくることが今回の解説で理解できたでしょうか。カロリー制限からボディメイクをスタートさせるのも良いですが、まず食物繊維や乳酸菌をはじめとする善玉菌などの腸内環境に良い成分を摂ることで改善するところから入るのも良いでしょう。次回は腸内環境を改善するための具体的な方法をお伝えします。我慢や無理をすることなく健やかな身体をつくっていきましょう!

 

~つづきはこちら~

腸内細菌とボディメイク:後編【筋トレシリーズ⑦】

 

【執筆】薬剤師(パーソナルトレーナー):安野 勇太

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る