鉄の過剰摂取による健康被害① 鉄中毒、遺伝性ヘモクロマトーシス、アフリカ型鉄過剰症 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

鉄の過剰摂取による健康被害① 鉄中毒、遺伝性ヘモクロマトーシス、アフリカ型鉄過剰症

カテゴリー:

鉄

は健康には大切な栄養素ですが、摂りすぎると健康被害を及ぼします。今回は、鉄の過剰摂取健康被害についてご説明します。

(続きは次の記事をご参照ください。)

 鉄の過剰摂取の健康被害

鉄は重要なミネラルの一つで健康維持には欠かせない栄養素です。しかし摂りすぎると負の影響を及ぼします。鉄はもともと非常に毒性が強いので、消化管からの吸収が厳密に制御されています。そのためこの代謝システムが体内で正常に働いる限りは、摂りすぎた鉄は体に吸収されません。しかし何らかの原因でこの機能が上手く働かないと過剰に摂取された鉄が体内に吸収され、深刻な健康被害が現れることがあります。

鉄の毒素

鉄の毒性は、過剰摂取や長期間の継続摂取により害を及ぼします。通常、血液中には遊離鉄はほとんど循環しておらず、トランスフェリンのようなタンパク質に結びついて体に害を及ぼさないように制御されています。しかし鉄を過剰摂取すると鉄の毒素が遊離鉄のレベルを上げてこれが体に悪影響を及ぼします。

鉄中毒

子供が過剰に鉄サプリメントを摂取すると鉄中毒を起こします。ある文献レビューではいくつかの小児科の症例で鉄の過剰摂取により鉄中毒が起こったことを説明しています(Chang and Rangan, 2011; Reynolds and Klein, 1985)。急性鉄中毒は、鉄サプリメントを過剰摂取すると起こります。10〜20 mg / kgの低用量の使用でも起こす可能性もあり、40mg / kg以上高容量を摂取した場合は医師への相談が必要です。鉄中毒の初期症状には、胃の痛み、吐き気および嘔吐があり、数時間以内に、細胞内の化学反応が阻害され鉄の毒性が現れます。

遺伝性ヘモクロマトーシス

遺伝性ヘモクロマトーシスは、食物からの鉄の過剰吸収が起こす遺伝的障害です。組織や器官に鉄が蓄積して起こります(Pietrangelo, 2010; , Kowdley, 2004)。そして遺伝性ヘモクロマトーシスが関節炎、癌、肝臓の問題、糖尿病。心不全のリスクも増加させるということもわかっています(Fleming, R. E., & Ponka, 2012)。

アフリカ型鉄過剰症

アフリカ型鉄過剰症は、食物や飲料中の高レベルの鉄によって引き起こされる食物鉄の過負摂取の一つです。アフリカでは、長い間自家製のビール鉄器で醸造されていたので、この症状が多発したともいわれています(Gordeuk, 2002)。

鉄の過剰摂取の対策

身体に余分な鉄を摂ってしまった場合、血を抜く以外の対策方法はありません。女性の場合月経により血液は体外へ出るので男性に比べ鉄過剰は起こりにくくなります。同様に献血を度々行っている人もそのリスクが低いと言われています。日常生活の中で出来る鉄の過剰摂取対策としては、赤身肉のような鉄が豊富な食品の摂取量を減らす、定期的に血液を献血する、鉄が豊富な食品とビタミンCを一緒にとるのを避ける、鉄製調理器具を使用しないなどの方法があります。

鉄

まとめ

このように鉄の過剰摂取には負の影響があることがわかりした。しかし大概のガイドラインでは、鉄過剰と診断されていない限りは通常通り鉄を摂ることが推奨されています。貧血だからといってたくさん摂りすぎないように気をつけて、推奨量を守って活用するようにしましょう。

(文責:宮本燈)

引用文献

Chang, T. P. Y., & Rangan, C. (2011). Iron poisoning: a literature-based review of epidemiology, diagnosis, and management. Pediatric emergency care27(10), 978-985.

Reynolds, L. G., & Klein, M. (1985). Iron poisoning–a preventable hazard of childhood.

Gordeuk, V. R. (2002, October). African iron overload. In Seminars in hematology (Vol. 39, No. 4, pp. 263-269). WB Saunders.

Pietrangelo, A. (2010). Hereditary hemochromatosis: pathogenesis, diagnosis, and treatment. Gastroenterology, 139(2), 393-408.

Kowdley, K. V. (2004). Iron, hemochromatosis, and hepatocellular carcinoma. Gastroenterology, 127(5), S79-S86.

Fleming, R. E., & Ponka, P. (2012). Iron overload in human disease. New England Journal of Medicine, 366(4), 348-359.




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。