貧血の原因:鉄分やその他のミネラル、ビタミン不足が原因? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

貧血の原因:鉄分やその他のミネラル、ビタミン不足が原因?

カテゴリー:

鉄欠乏症貧血

世界保健機関(WHO)の調査によると世界では約20億人が貧血であると推定されており、そのうちの50%は鉄欠乏症によるものと考えられています。貧血は全ての年齢層で見られますが、妊婦幼児で特に多いことが分かっています。貧血の原因は様々で、単独の原因で起こる場合もありますが、それぞれの原因が重なって引き起こされることが多いです。貧血が起こる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

鉄欠乏症貧血

 

最も一般的な貧血の原因は鉄欠乏症です。これは、食事摂取量の不足が原因で、鉄の摂取が不十分な場合に起こり、その結果として貧血が引き起こされます。この状態は”鉄欠乏症貧血”と呼ばれています。鉄欠乏症貧血はまた、胃潰瘍や大腸がん、子宮がん、腸ポリープ、痔核など、ゆっくりとした慢性的な出血を伴う疾患の患者に見られます。

 

慢性疾患に伴う貧血

 

長期の持病が貧血を引き起こす場合もあります。この種類の貧血は鉄欠乏症貧血の次に多く、急性もしくは慢性疾患及び慢性炎症の患者で進行します。よってこの状態は、鉄吸収とマクロファージとからの鉄の放出を妨害する上昇したヘプシジンが原因で引き起こされ、”炎症による貧血”と呼ばれます。

 

出血による貧血

 

重い月経中の出血もしくは傷口からの出血は貧血の原因になります。胃腸潰瘍もしくは大腸がんはゆっくりと出血が続く為貧血の原因になります。

 

腎疾患に関係する貧血

 

腎臓は骨髄が赤血球を生成するのを助ける”エリスロポエチン”と呼ばれるホルモンを放出します。慢性腎疾患の患者はそのホルモンの生成が減少する為、赤血球の生成も減少し、貧血の原因になります。エリスロポエチンの不足は、慢性腎不全の患者の貧血の主要な原因ですがそれだけではありません。よって、鉄欠乏症及びその他の細胞系の異常を調べる為の最小限の検査は必要です。

 

栄養不足に関係する貧血

 

ビタミンやミネラルは赤血球を作る為に必要です。適切なヘモグロビンの生成の為にはに加え、ビタミンB12ビタミンA葉酸、リボフラビン、銅が必要です。これらの栄養素の不足は赤血球の生成が不足する為貧血の原因になります。低い栄養摂取量は低いビタミン濃度の主要な原因になり、貧血に繋がります。

 

貧血

 

妊娠に関係する貧血

 

妊娠中の血漿量の増加は赤血球を薄め、貧血を引き起こします。妊娠中の全ての貧血の75%は鉄欠乏症貧血です。

 

肥満と貧血

 

肥満は慢性的、軽度の全身性炎症、高いヘプシジンの特徴が見られ、慢性疾患の貧血に関係しています。体重超過及び肥満は、慢性的、全身性炎症とセットで起こると考えられる血清鉄、トランスフェリン飽和度、フェリチンの変化に関係しています。肥満に関係する炎症はヘプシジンの濃度を上昇し、利用可能な鉄を減少させます。

 

アルコール中毒症

 

アルコールは様々な種類の血液細胞及びそれらの機能に有害な影響を及ぼします。アルコール中毒症では完成する前に破壊された不完全な赤血球が頻繁に見られます。アルコールそのものも骨髄に有害で、赤血球の生成を抑制すると考えられます。また、栄養不足とビタミン、ミネラルの欠乏はアルコール中毒症に関係しています。これらの要因が合わさり貧血が引き起こされます。

 

まとめ

 

上記の他にも、鎌状赤血球貧血、地中海貧血症、再生不良性貧血、溶血性貧血などがあります。最も一般的な貧血は鉄不足によって引き起こされます。他にも、赤血球を生成するのに必要なビタミンやミネラル不足により貧血が起こる場合もあります。貧血気味の方は普段の食事で、ビタミン、ミネラルが不足しないように気を付けましょう。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。