鉄分不足の諸症状について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

鉄分不足の諸症状について

カテゴリー:

身体に欠かせないミネラルの一つである鉄分は、不足すると様々な症状を身体に引き起こします。その原因について学んでいき、上手に鉄分を摂取して元気な毎日に役立てていきましょう。

どうして鉄分は現代人に失われがちなのか?

体内で作ることができない

鉄分は人の身体の中で作ることのできない栄養素であり、サプリメントや食事からきちんととることが必要です。特に鉄分は血液の生成によって毎日消費されていますので、継続して摂ることが必要です。貧血になると著しく体調が損なわれますので、その対策にサプリメントを持ち歩く方法を実践している方もいらっしゃいます。

加工食品が増えている

栄養素は食事からとるのが基本ですが、加工食品はその製造過程において食材の栄養素が失われがちです。食品添加物を混ぜたり、流通や保存で時間が経つことによって栄養が失われたりしているのです。現代ではつい加工食品を食べる機会が多く、栄養素の摂取量が全体的に減少しています。栄養素は新鮮かつ生の状態に近いほど良質ですので、できるだけ食べるものにも気を付けましょう。

どれくらい鉄分をとればいいのか?

一日に必要な鉄分の摂取量は、男性で10mg、女性で12mgです。女性の場合妊娠中は15~20mgほど必要になります。胎児にも血液を回すため、より多く摂取しなければならないのです。

鉄分不足による症状について

疲れやすくなる

筋肉に酸素やエネルギーが行き渡らなくなることにより、運動するとすぐ疲れやすくなったり息がすぐ切れて回復しづらくなったりします。酸素ボンベを吸ったり糖分を摂取することである程度は回復しますが、鉄分不足が原因となっている場合は鉄分を摂取しないと根本的な解決になりませんので注意しましょう。

立ちくらみや失神が起こる

血流が不安定になることで、立ちくらみや目まいが起こります。急に立ち上がったり走ったりすると、より起こりやすくなりますので安静にしておきましょう。日陰に移動してなるべくじっとしておくことが基本です。

無理をすると、急に倒れることもありえます。「目まいかな?」と思ったら、すぐに休むようにしましょう。

理由もなくイライラする

鉄分は神経系にも作用していると言われており、不足すると情緒が安定しなくなります。特に思い当たるフシがないのにイライラしがちなときは、何らかの栄養素が欠如していることがありますのでこれまでの食習慣をチェックしましょう。カルシウム不足でイライラすることも多くあります。

摂り過ぎても良くありません

鉄分は不足してもいけませんが、過剰に摂取しても良くありません。どんな症状があるのか見ていきましょう。

臓器へのダメージ

過剰な鉄分は体中の臓器に溜まっていくようになっています。これが進行していくと、肝硬変や血管障害を引き起こして深刻な事態にもなりかねません。

貧血らしい症状が出たときに鉄剤を飲みすぎて、臓器に蓄積されてしまうパターンもありますので要注意です。

吐き気や下痢

消化器官にダメージがあり、排出させるよう身体が促す現象です。大抵の過剰症に見られますので、こういった症状が見られたときは薬などの使い方が合っていたか確認するようにしましょう。

 

貧血などの症状が見られたとき、貧血用鉄剤を使って補給するパターンがありますが、実際には貧血ではなかったため逆に症状が重くなってしまったというケースも見られます。きちんと対策をしているはずなのに、症状が軽快しない場合は病院を受診することをお勧めします。

また貧血と言えば鉄分不足をイメージしがちですが、亜鉛など他の栄養素が足りなくなっても起こることもあります。医薬品を使用する際には、専門家の診断を仰いで慎重に使用するようにしましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。