妊婦の方に必要な鉄分を補給するには | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

妊婦の方に必要な鉄分を補給するには

カテゴリー:

女性にとって鉄分は欠かせない栄養素ですが、とりわけ妊婦の方は意識的に摂取しなければなりません。今回は妊婦の方に鉄分が必要な理由と補給する方法について説明いたします。

女性はどれくらい鉄分をとるべきなのか?

女性が一日に必要な鉄分の摂取量は12mgとされています。一方男性に必要な量は10mgとされており、通常男性の方が多く設定されている栄養素の中で、鉄分は女性の方が大量に必要とされているまれな例となっています。

どうして女性の方が多く鉄分がいるのかと言うと、生理によって血液が失われることが多く、貧血リスクが高いからです。そのため、女性は意識的に鉄分を補給しなければなりません。

さらに、妊娠するとより鉄分が必要になります。妊娠し始めた頃は一日に15mg、後期になると20mg摂取することが推奨されています。

どうして妊娠中に鉄分が必要になるのか?

胎児に血液を回すため、その要となる材料である鉄分を多くとらなければなりません。赤ちゃんの成長にも関わってくるため、鉄分の継続的な摂取はかなり重要になってきます。他にも細胞の代謝を助ける亜鉛なども必要になってきますので、妊娠中は栄養管理をきちんと行いましょう。

急激に摂りすぎると、不調を及ぼすので注意しましょう

ただし、鉄分は一気に摂取すると気分を損なうことがありますので要注意です。鉄剤などの医薬品や鉄分を多く含んだドリンクを飲むと、吐き気や下痢を起こすこともよくあります。数回に分けて飲むなどして、身体に負担をかけないように使いましょう。

鉄分不足を防ぐための対策

妊娠中には特に鉄分が必要ですが、通常の状態でも貧血対策に役立ちますので参考にしてください。

サプリメントを用意しておく

鉄分をいつでもどこでもとれるように、鉄分を含むサプリメントを常備しておきましょう。鉄分のみのサプリメントだけでなく、マルチミネラルといったサプリメントにも含まれています。他の栄養素も合わせてとりたい方には、後者のサプリメントも良いでしょう。

貧血になったときは、症状を一刻も早く軽快させたいために多めに飲んでしまうこともありますが、逆に効率が悪くなりますのでやめておきましょう。一度に大量に飲んでも体内に吸収されるには時間がかかりますし、急激に摂取すると気分を悪くすることもあります。注意書きをよく読んで使うのが、一番上手な方法です。

締め付けるような服は避ける

女性はオシャレのためにはガマンも顧みないことも多いですが、健康に関わるときはやめておいた方が良いかと思われます。血流が妨げられると、より貧血が進行して症状が悪化しやすくなります。キツイと感じるようであれば、緩めたり他の服に替えたりしましょう。また男性もネクタイをすると結構キツイので、具合の悪い時は避けるようにしましょう。

身体を冷やさないようにする

体温が低下して代謝が落ちると、貧血がひどくなりやすいです。臓器の働きも低迷しますので、いいことがありません。これからの寒い時期は、外の寒暖の変化に順応できるよう着脱できる上着を持っていくと良いでしょう。手袋やストール、ひざ掛けなどを使うのも便利です。

妊娠の時期を元気に過ごすためには

妊娠していると、やたらとブルーになったりイライラしやすくなることがあります。それが気になって、負のスパイラスに陥ってしまうこともありうるでしょう。しかし、それは不安定な状態ゆえにつきまとう不安やホルモンバランスの乱れによるものであり、不自然なものではなくむしろ当然なことなのです。

妊娠は新しい命を授かっているということですので、不安になるのは当たり前です。そのため、必要以上に気にせず自分らしく生きていけばいいと思われます。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。