鉄分不足の原因と症状:子供や妊婦は鉄分不足になりやすいのか | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

鉄分不足の原因と症状:子供や妊婦は鉄分不足になりやすいのか

カテゴリー:

鉄分

鉄分は、酸素輸送、DNA合成、電子伝達を含む様々な代謝プロセスの為に人間にとってなくてはならない栄養素です。鉄必要量は年齢と共に変化します。鉄必要量が多い時期に鉄が不足すると認知発達の妨げになったり、疾病率が上昇するなど様々な健康被害の原因になります。人間は、どのような時期に鉄必要量が上昇し、鉄分不足になりやすいのでしょうか。

人間に必要な鉄分の量

 

乳児期の鉄必要量は母乳に含まれる少しの鉄分により満たされます。鉄必要量は4~6か月で著しく上昇し、1歳までは一日約0.7~0.9mgが必要になります。1歳~6歳までは、身体鉄含有量が2倍に上昇します。鉄必要量は青年期の成長スパートの時期にかなり高くなります。女性の場合、生理が始まる前に成長スパートが始まります。男性は思春期の間にヘモグロビンの濃度が上昇します。この段階の鉄必要量は月経中の女性の平均鉄必要量よりも高くなります。

平均的な成人の体内の鉄貯蔵は1~3gです。食事での好ましい鉄の取り込みと、鉄損失のバランスによりこのレベルが維持されます。皮膚や腸管の内壁を含む粘膜の表面の細胞の壊死によって1日1mgの鉄が失われます。閉経前の女性では、月経中は1日の平均鉄損失が約2mgです。新生児や子供の成長スパートの間の体質量の増加は一次的に鉄必要量を増加させます。食事での鉄の摂取は細胞の壊死や便や尿中への鉄損失分を補う為に必要です。これらの基本的な損失は成人男性で約0.9mg、成人女性で約0.8mgです。月経血の鉄損失は出産可能年齢の女性では考慮されなくてはなりません。

 

鉄欠乏症になりやすい年齢は

 

鉄必要量が高い期間に、吸収可能な鉄分が豊富に含まれる食物の摂取が不十分であると、鉄欠乏症になる確率が高くなります。学童期、青年期、出産可能年齢の女性、特に妊娠中は鉄欠乏症になるリスクが高くなります。幼児や青年期の子供のケースでは、鉄必要量の増加は成長スパートによるものです。出産可能年齢の女性の鉄欠乏症の第一の原因は月経中の過剰な失血によるものです。妊娠中は、胎盤と胎児の急成長の為に鉄必要量が上昇します。一方、成人男性や閉経後の女性は鉄欠乏症になる確率が低く、通常の食事に含まれる鉄分で、生理学上の必要量をカバーできます。

 

鉄欠乏症

 

鉄欠乏症の症状

 

鉄欠乏症は利用可能な鉄貯蔵がなく、赤血球系を含む組織への鉄の供給が減少する状態を示します。鉄欠乏症は貧血を伴う場合と伴わない場合があります。貧血のない鉄欠乏症もいくつかの機能的変化を引き起こしますが、殆どの機能的欠陥は貧血の発達により引き起こされます。軽度から中度の鉄欠乏症貧血でさえも、認知発達、免疫メカニズム、作業能力に影響する機能障害を引き起こします。妊娠中の鉄欠乏は化膿症のリスクの上昇、母体及び周産期の死亡率の上昇、低出生体重など母親と胎児両方に有害な影響を及ぼします。鉄欠乏症と貧血はまた、学習能力を低下させ、疾病率を上昇させる原因になります。

 

まとめ

 

成長期の子供や、月経中、妊娠中の女性は鉄必要量が特に上昇します。この時期に鉄分が不足すると、子供の成長の妨げになったり、母親や胎児の健康にも影響します。普段の食事で鉄分が不足しないように、鉄分が多く含まれる食材を多く取り入れましょう。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。