ビタミンEと鉄分サプリメントを一緒に摂取する時の注意点② | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ビタミンEと鉄分サプリメントを一緒に摂取する時の注意点②

ビタミンE鉄分も、健康を守るために重要な基礎栄養素です。しかし、この2つの栄養素は、サプリメントとして摂取する時注意が必要であります。今回は、ビタミンE鉄分サプリメントを同時期に一緒摂取する時に、気をつけるべき注意点を調べてみました。

ビタミンEと鉄分はなぜ同時に摂取してはいけない?

ビタミンEは血液をサラサラにする抗凝固作用があり、ミネラルや他の栄養素の吸収率に影響を与えます。そして、ビタミンEサプリメントを過剰に摂取した場合、体内に吸収されるべき鉄分に影響をもたらします。

もし、鉄分を補うサプリメントをビタミンEと共に摂取している場合、それぞれのサプリメントを摂取する時間が被ってしまわないようにをずらし、またサプリメントに記載されている容量を正しく守る様に注意しましょう。鉄はビタミンCと共に摂取することで、吸収率が良くなるとされています。カルシウム亜鉛もまた、ビタミンEの様に鉄の吸収率を低下させることが明らかにされています。

注意点と摂取量

ビタミンE

ビタミンEの場合、成人の1日の目安摂取量は15mgです。妊娠中でもこの摂取量に変わりはありませんが、赤ちゃんに授乳中はより多くのビタミンEが必要であり、1日19mgのビタミンEが必要ということです。アメリカの国民が、毎日の食事で摂取するビタミンEの平均摂取量はこの約半分です。ビタミンEは脂溶性であるため、ビタミンE単体で摂取しても体内で効果的に吸収されません。ですから、ビタミンEサプリメントを摂取する場合は食事と共に、また食品から摂取する場合は一緒に脂質を摂ることを心がけましょう。

鉄分

サプリメントを摂取する前には、医師に相談することが推奨されています。特に鉄分の過剰摂取は毒性があるとされ、鉄分を補うためのサプリメントは医師にアドバイスされた時のみ摂取する方が良いとされています。19歳から50歳の女性の場合、1日に18gが鉄の目安摂取量です。男性は、19歳以上の場合、1日あたり8gが目安摂取量です。また菜食主義者(ベジタリアン)であるのでしたら、植物性の鉄分は肉などに含まれるものと比べ体内で吸収されることが難しいため、より多い量の鉄分を摂取する必要があります。

 

まとめ

ビタミンEには、血液をサラサラにする抗凝固作用があるのですが、この作用はまたミネラルなどの栄養素が体内に吸収されるのを難しくするそうです。またビタミンEを必要以上に摂取した場合にも、体内の鉄分に影響を与えます。ですから、ビタミンEのサプリメントと鉄分のサプリメントを一緒に摂取したい場合は、摂取する時間をずらすなどの工夫が必要です。そして、どちらのサプリメントも容量を正しく守りましょう

Can Too Much Vitamin E Cause Iron Deficiency?

 

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。