海外にも誇れる日本のスーパーフードとは? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

海外にも誇れる日本のスーパーフードとは?

カテゴリー:

麹

 

日本に古来から伝わる食材には、バランスの良い栄養素が含まれたスーパーフードが数多くあります。海外で人気のある日本のスーパーフードにはどんな和食材があるのでしょうか。また、海外ではどんなふうに受け入れられているのでしょうか。

 

スーパーフードとは

 

話題のスーパーフードですが、具体的にどのような食品の事を言うのでしょうか?

 

一般的にスーパーフードと呼ばれる食材は、「高タンパク、低脂肪で、栄養価に優れた食材」のことを言います。さらに、健康や美容にいいだけでなく、アンチエイジングや生活習慣病を防ぐ効果も期待できると言われています。

 

スーパーフードはアメリカで始まった動きで、「長い間人々の生活に取り入れられてきた健康食品で、安全や効果が証明されているもの」だと認知されています。

 

○日本人に昔から愛されるスーパーフード

 

こういったスーパーフードの定義を満たす食材は、実は日本にもたくさんあるのです。日本が長寿大国であるのも、人々が先陣の知恵から学んだ食生活を取り入れた結果であると言えます。日本人の健康は昔から日常的に食べられていたスーパーフードにあったとも言えるでしょう。

 

そういった日本の食文化から学び、健康に役立てようと、今では日本の食材が海外でスーパーフードとして認められ、話題になっています。

 

梅干し

 

日本のスーパーフードにはどんな和食材があるのか

 

日本スーパーフード協会の分類によると、発酵類・米類・茶類・藻類・伝統自然食といった様々な食品群に和食材のスーパーフードは存在しています。それでは実際にどういった食品がスーパーフードとして海外で注目されているのでしょうか。

 

◆梅干し

 

梅干しは独特の酸味と塩分が特徴的な日本古来の食べ物で、海外ではスーパーフードとして人気が高まってきています。

梅干しの酸っぱさはクエン酸からくるもので、食欲を増進したり疲労を回復したりする効果があります。梅干しの酸味は殺菌効果があり、保存効果にも優れています。腸の状態を整える作用と、若さを保つために必要なホルモンが含まれているので、毎日の摂取がおすすめです。

 

◆甘酒

 

甘酒は、米を米麹で発酵させて生まれた飲料。海外で飲む文化はあまり有りませんが、海外の料理人は、甘酒や麹と言った日本伝統の発酵食材に注目しています。

 

甘酒は栄養価に優れ、ビタミン、食物繊維、ミネラル、タンパク質をバランスよく含んでいます。血圧やコレステロールを下げる作用や、血流を良くする作用が認められているので、健康な食生活には欠かせません。血流が良くなると、新陳代謝が活発になるので肌をキレイに保つことができます。

 

海外ではどんな食べ方、どんな料理に使われている?

 

海外では、今回紹介した食品以外にも、日本の食材は健康を保つのに役立つスーパーフードとして普及しています。

 

  • 緑茶……紅茶を飲むように、緑茶に砂糖を入れて飲む。
  • わかめ……スナック感覚でつまむ。
  • 梅干し……海外では梅のペーストとして、料理のアクセントに使ったり、色の鮮やかさからドレッシングとして利用されている。
  • 甘酒……麹を肉を柔らかくするために使ったり、料理のソースに使うなど。酒粕を使ったデザートを出すレストランも。

 

日本食材の栄養素が認められ、新たな使用方法が生み出される事で、従来の考え方に囚われない新しい発想の料理が生まれています。

 

緑茶

 

 まとめ

 

いかがでしたか? スーパーフードと聞くと、海外から持ち込まれた食品をイメージしやすいですが、日本の伝統食材もすばらしい栄養素を持ち合わせています。身近な食材を見直し、積極的に取り入れることで、海外のスーパーフードに負けない、すばらしい効能が見られます。

 

そして、伝統食材も、海外のシェフの様に新たな切り口で調理していけば、献立のレパートリーが広がる事でしょう。

 

【記事監修】調理師:林 直子

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る