ココナッツオイルでケトン体ダイエット | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ココナッツオイルでケトン体ダイエット

カテゴリー:

ココナッツオイルもケトン体も、最近よく聞くキーワードですが、ダイエットとの関連性が分からないという方も多いのではないでしょうか。ここではどうしてココナッツオイルがいいのか、ケトン体がどのように作用しダイエットになるのかをご紹介します。

 

ココナッツオイルでケトン体ダイエット

 

ケトン体とは

 

ケトン体は、アセト酢酸・βヒドロキシ酪酸・アセトンという物質の総称で、あらゆる細胞のエネルギー源になります。体内で糖が不足すると、主に肝臓で脂質を代謝し生成されます。糖に代わるエネルギーとしても注目され、ダイエットだけではなくアンチエイジングや脳の活性化、病気の予防などにも期待が高まっているのです。

 

体内での糖の働き

 

三大栄養素である糖質タンパク質脂質は、重要なエネルギー源であります。

その中でも糖質は分解・吸収が早く、すぐエネルギーに変えられます。糖質は単糖類まで分解され、小腸で吸収されると肝臓に運ばれます。一部はグリコーゲンとして肝臓に蓄えられ、残りはグルコース(ブドウ糖)となり血中に放出し、脳や筋肉など全身の細胞のエネルギー源になるのです。

余分なグルコースはグリコーゲンとして筋肉に蓄えられます。それでも余るグルコースは中性脂肪に変わり、脂肪細胞や肝臓に蓄えられます。

また、肝臓で血糖値の増減に伴う代謝が行われることで、血糖値が維持されていますが、血糖値が上昇すると血液からグルコースを回収しグリコーゲンとして貯蔵し、血糖値が低下すると貯蔵したグリコーゲンをグルコースに分解するのです。

貯蔵分のグリコーゲンが不足すると、脂肪やアミノ酸を分解して糖を作りだす「糖新生」と呼ばれるシステムが働きます。糖新生に限界がきたら、中性脂肪を分解し、エネルギーを作り出すようになります。

 

ボディメイク 腸内細菌

 

ケトン体ダイエットとは

 

体は糖質があれば糖質を使い、余ると中性脂肪として貯蔵されますが、使われないと太ることになります。

糖質制限をすると肝臓でケトン体生成が活発になり、ケトン体と脂肪酸をエネルギーとして使うシステムにシフトされます。そのため、脂肪がより効率的に消費される体質に変わっていくのです。また、糖質制限をするとインスリン分泌が抑えられるため、中性脂肪として貯蔵されにくくなり、ダイエットに効果的です。

ケトン体ダイエット法は糖質を制限することでケトン体を増やし、体脂肪を燃焼さて痩せるという仕組みになります。

 

ココナッツオイルを用いたケトン体ダイエットの方法

 

ココナッツオイルは天然の低カロリーオイルといわれていて、中鎖脂肪酸がたくさん含まれています。中鎖脂肪酸は消化吸収が早く、満腹感がすぐに得られるため食欲を抑えることができるのです。また、体内で脂肪として沈着することなくケトン体に変換されるので、体脂肪燃焼効果を高めることができます。

ココナッツオイルのケトン体効果は食後4~5時間持続するので、何回かに分けて1日に大さじ2~3杯くらいを目安に摂るといいでしょう。そのまま食べるのが苦手な場合はサラダやヨーグルトにかけたり、紅茶やコーヒーに混ぜるなどしてもいいです。

 

 

ケトン体ダイエットの注意点・副作用

 

ケトン体ダイエットは、やり方を間違うと十分な栄養が摂れず、体調を壊してしまう可能性があります。糖質を減らした分、タンパク質と脂質で補い、必要なカロリーは摂るようにして、体にかかる負担をなるべく減らす注意が必要です。

糖質制限をすることでケトン体を増やしケトーシスという状態を作ることになるため、副作用がでることもあります。ケトーシス状態ではケトン体のアセトンが原因となり、口臭や体臭が甘酸っぱい臭いに変わることがあるのです。また、糖質が減ることで体がだるくなることもあります。

ケトン体は増えすぎると、血液や体液が酸性に傾いてしまうケトアシドーシスを引き起こす可能性もありますが、健康な人は心配ありません。インスリンが機能していない1型糖尿病の人は注意が必要です。

 

まとめ

 

ケトン体ダイエットでは糖質を制限しケトン体を増やすことで、体脂肪を燃焼させることができます。ケトン体が増えることで副作用が出てくる可能性もありますが、タンパク質や脂質で不足分を補い、体調を壊すことのないよう無理のない範囲で糖質制限をする必要があります。ココナッツオイルに多く含まれる中鎖脂肪酸は、ケトン体に変換されやすく効率よく脂肪を燃焼できるので、上手く活用していきましょう。

 

【記事監修】臨床検査技師:河谷 友紀

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る