ダイエットに有効!大豆レシチン | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ダイエットに有効!大豆レシチン

カテゴリー:

血流を改善する大豆レシチンは、その効果の応用からダイエットにも使われております。痩せる身体を作る習慣と合わせて見ていき、脂質を落として無駄のないボディを作っていきましょう。

ダイエットに使える大豆レシチン

代謝を増進させる

大豆レシチンは乳化作用という特異な性質から、血液の状態を改善して代謝を促進する効果があります。血液を流れやすくすることでエネルギーが消費されやすい健康な身体を保つことができ、痩せやすい状態となるのです。

脂質を代謝しやすくする

大豆レシチンは肝臓での脂質の代謝を促す効果があります。肝臓は余分な脂質が集まる臓器であり、それが進行していくと脂肪肝や肝硬変を招きます。大豆レシチンを摂取しておくと、それらの病気を予防するとともに脂質を排出しやすくしてダイエットしやすい身体を作ってくれるのです。

ダイエットの妨げとなる食べ物

ハンバーガー

肉が使われていますが、ファーストフード店で売られているハンバーガーは成型肉であるためさほど栄養は含まれておりません。また使われているレタスやトマトなどの野菜も切られてから時間が経っていますので、ビタミンCを始めとする栄養素がかなり失われています。

カロリーが高いにも関わらず、栄養が乏しいダイエットの大敵です。悪玉コレステロールを増加させて様々な悪影響を及ぼしますので、健康維持には不向きです。

フライドポテト

アメリカでは健康食品のように扱われているフシがありますが、炭水化物の仲間ですので健康維持にはさほど役立ちません。日本ではファーストフード店やコンビニエンスストアで売られていますが、長時間使用している同じ油で揚げられていますので身体に悪影響を与える可能性があります。さらにお店で作っているのではなく、工場で作ったものを冷凍させてから出先で解凍していますので栄養もそこそこ失われています。さらには原料のポテトの原産地も不明であり、どれくらいの栄養が含まれているのか分かりません。原料も油も健康に不向きですので、なるべく食べない方が良いでしょう。

痩せる体を作るための食生活

一日三食食べる

忙しいときには朝食を抜いてしまったり、疲れて帰ってきたときには夕食をとらずにそのまま眠ってしまったりしますが、これでは身体に力が入りません。朝食は一日を元気に過ごすための重要な栄養補給の機会ですので、食欲がなくても果物など軽いものを食べておきましょう。スムージーにして飲みやすくするのも一つの手です。また夕食も寝ている間のターンオーバーを支える栄養素を摂取する大切な機会です。できるだけ滋養のつくものを食べておきましょう。

間食を控える

おやつなど間食を食べていると、三食が食べられなくなることがあります。間食というのは大抵ポテチやチョコのようにお菓子が多いので、栄養バランスが崩れる原因となってしまいます。また間食は血糖値を上昇させる原因となりますので、糖尿病リスクを上げることにもなります。健康には甚だ不向きですので、余程お腹が減っていない限りは控えるようにしましょう。

だらだら食べない

テレビなどを見て食事が疎かになっていると、食に対する意識が薄くなってせっかく食べたのに食べた気がしなくなってしまいます。こうなると、食べたはずですのになんだか物足りなくなって余計なものを食べてしまいがちです。また味も感じられづらくなりますので、食欲も満たされづらくなります。食事中はなるべくそのことに集中して、満腹感を得やすいようにしましょう。

案外、食生活を改めるだけでも、ダイエット効果を見られることも多々あります。ハンバーガーなどのジャンクフードはカロリー過多であるだけでなく、添加物やコレステロールが代謝を妨げていますので、それらを食べるのをやめて大豆レシチンなどの健康食品をとっていくだけでだいぶ変わっていくはずです。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。