脳に良いレシチンの効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

脳に良いレシチンの効果

カテゴリー:

に良い影響を与えるレシチンは、認知症の予防効果もあり誰しもに必要な栄養素となっています。認知症は進行するとなかなか困ったことになりますので、軽度のうちに対応する方法についてお伝えします。

健康効果豊かなレシチン

レシチンは健康や頭に良い多くの効果を持っており、日本中で愛用されている栄養素です。その詳しい作用について見ていきましょう。

認知症の予防効果

レシチンは脳の神経線維であるミエリン鞘という部分を構成する物質であり、脳の健康に欠かせない栄養素となっています。レシチンが不足してミエリン鞘が作られなくなると、神経系が傷つきやすくなって認知症の原因になると言われています。

そのため、レシチンをしっかり摂取することで神経ネットワークを健全に保ち、認知症の発症リスクを低減することができるのです。

認知症を防ぐには

ボーッとする時間を作らない

何もせずにいると、身体の筋肉だけでなく脳も衰えていきます。人の身体はどの部分も使わずにいると機能が衰退していくものです。

そのためには仕事や家事など義務的作業が必要となります。20~30代のころはそれらがそうしても重荷に感じられるでしょうが、能力を高めるためには良いことなのです。いつでもやめられるよう作業では、いまいち熱が入らず認知症対策になりません。もっともやり過ぎてしまうとストレスになってしまいますので、その調整が問題なのですが。

定年を迎えると「燃え尽き症候群」になってしまうこともあると言われていますが、そのような場合でも何かできることがあるはずです。私の知っているケースでは、個人事業の手伝いや定年のない会社への再就職などがありました。

趣味を作る

将棋や囲碁というのが高齢者の趣味として知られていますが、最近ではボードゲームというのもちょくちょく聞くようになりました。デジタルなゲームがやたらと有名ですが、歴史や奥深さと言う意味ではあまり知られていないアナログなボードゲームも結構面白いものです。まぁアナログなゲームでは日本企業が潤わず、広告が一切出されていないので当然といえば当然ですが。

あまりにもはまりすぎて自分で新しくアナログゲームを作ろうとする猛者もいます。私も協力したのですが、まぁ難しいです。デバッグプレイ(試作品を試す作業)に至る前にまともなゲームを作るのに3ヶ月もかかりました。やる側は好き放題言えますが、この苦労を知るともうどのゲームにも足を向けて寝られません……。

身体の機能を維持する

基本的には身体を動かすことが認知症を防ぐうえでかなり大切だと考えます。医学的なエビデンスはいまいちありませんが、経験則からすると足が動かなくなると認知症の症状がかなり見られるようになります。身体が動かなくなると、どうも脳なり精神なりが諦めるような感じになるようです。そのため、身体機能は必ず維持しなければなりません。

あるいは歯も大事だと言われています。ものを自分の歯で噛むことを続けるため、「8020運動(80歳までに20本の歯を残そうとする活動)」が推奨されていますが、どうもこの運動が認知症対策にも使えるようです。ものを噛む運動が脳に適度な刺激を与えるなど様々な理由が推測されていますが、とにかく歯を残しておくことが大切なようです。

甘いものを食べるときはなるべく一度の機会にまとめて食べて、寝る前と起きた後に歯磨きをしましょう。歯の裏側や奥歯を一本ずつ意識して磨くようにして、できればフロスでプラークを取り除くようにしましょう。

若いうちから運動に励むなど健康意識を持っておくと、健康寿命が延びると言われています。今できることをやっておくことが、未来につながるのかもしれません。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。