勉強に役立つレシチンの効果と効能 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

勉強に役立つレシチンの効果と効能

カテゴリー:

脳に直接作用するレシチンは、学習能力を高める効果もあります。勉強に役立つ栄養素といえばDHAなどが有名ですが、レシチンも使えますのでその効能を知っておけば、お子様の勉強に使えるかもしれません。

頭を良くするレシチン

「頭が良くなる」栄養素といえばDHAEPAが知られていますが、レシチンにも学習能力や記憶力を高める効果があります。DHAなどは脳内の神経ネットワークを強化したり、脳機能の中枢である海馬の細胞を増やすことで頭を良くしてくれると言われていますが、レシチンは神経伝達物質であるアセチルコリンの生成をサポートして脳機能を高めてくれます。

私たちの脳内では常に電気信号が走っており、記憶、感情、情緒といった様々な脳活動が行われています。その電気信号には神経伝達を助ける物質が必要であり、その一つがアセチルコリンなのです。体内に入ったレシチンはコリンという物質に分解されます。これが脳関門を抜けてアセチルコリンをつくる材料となり、神経系をサポートしてくれるのです。脳関門を抜けられる物質は非常に限られていますが、DHAも数少ない脳内に到達する成分です。それらの成分を摂取することで効率的に学習能力や記憶力を向上させることができますので、それらの能力を伸ばしたい方は積極的に摂ると良いでしょう。

記憶力を維持するには

若い方には意識しづらいでしょうが、人間年を取ってくると本当に記憶力が衰えていくものです。今考えていたことを忘れたり、約束事を失念してしまうということが起こるようになります。しかし、これくらいの段階であれば初期症状ですので、トレーニング次第では回復する見込みもあります。どんな症状であれ軽いうちに対処することが大切です。

もし放っておいて重症化して認知症となると、より重篤な症状が見られます。家の中にいたはずなのにいつの間にか外を徘徊していたり、トイレが間に合わなくなったりするようになります。それがさらに進行すると、家族を他人だと勘違いしてしまう、幻覚症状を起こすといったこともありえます。そのような事態を防ぐために、記憶力を維持するための方法についてお伝えします。

勉強の方法について

お子様がいる方のために、今回は勉強のやり方についてもお話しします。

まず宿題は必ずやるようにしましょう。学校や塾でも宿題でそんなに難しい課題は出ないはずですし、最悪分からなくても誰か分かる人に聞いて解決できるはずです。「忙しいからできなかった」「時間がなくてできなかった」という言い訳を子どもはよく言いますが、宿題でそんなことはまずありません。

また時間を決めても決めなくてもいいですから、一日に少しでも勉強する習慣をつけておくことをおすすめします。毎日の積み重ねがいつの間にか大きな差となっていくものです。もっとも週に1~2日は休んでリフレッシュする必要があるといいでしょう。ここは大人と同じです。

しかし、究極的にはその子に合った勉強のやり方は一人一人違うものです。塾に行かないと勉強できない子もいれば、家で自分のペースで勉強するのが合っている子もいます。勉強のやり方がいまいちつかめていないようであれば、塾や家庭教師から勉強を習慣づけるのも良いでしょう。私も学生時代は山の中に1週間合宿という名の勉強会をさせられたものです……。今思えばあの環境はクローズドサークルだったのではないでしょうか。

「学校の勉強は社会に出ると役に立たない」という言葉はよく耳にします。しかし、それは学校で学んだことは社会で使えないと言う意味ではなく、社会で通用するには学校で学んだことを基礎にしてさらに自分で学んでいくことが必要という意味だと言われるようになりました。勉強は学んだこと自体よりもその過程で身についた学習能力こそが力となります。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。