レシチンの持つ健康に良い効果と効能 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

レシチンの持つ健康に良い効果と効能

カテゴリー:

レシチンとは人の身体全ての細胞に含まれる栄養素であり、脂肪肝の予防や動脈硬化の防止など様々な効果効能を持っています。健康効果豊かなレシチンをうまくとって、元気な日々を過ごしましょう。

レシチンとは

レシチンとは、人体のあらゆる細胞に存在する重要な成分です。ビタミンやミネラルに比べると耳慣れない言葉ですが、全身の細胞の健全な活動に欠かせない栄養素なのです。

それを支えるのがレシチンの持つ乳化作用。乳化作用とは、本来混ざり合わない水と油を結びつける働きであり、細胞内で水溶性の物質と脂溶性の物質を交換することで代謝を行っています。

レシチンは主に大豆や卵黄などの食品に含まれています。またチョコレートなどのお菓子やアイスクリームなどの加工食品にもよく使われています。

レシチンの持つ健康効果

肝臓を健康に保つ

レシチンは肝臓で乳化作用によって、肝臓内の脂肪を排出する役割を果たしています。しかし、レシチンは肝臓に多く含まれる栄養素ですが、加齢とともにその量は減少していくため、脂肪の排出がとどこおり脂肪肝になるリスクが高まるのです。そこでレシチンを摂取することにより、脂肪肝肝炎を予防できると言われています。

脂肪肝を発症した後でも、レシチンの摂取によって症状が回復したという報告もあります。

血液をサラサラにする

現代では食の欧米化や運動不足などから血流がドロドロしがちになっています。肉類の食事が増えて、野菜や魚をあまりとらなくなったことからコレステロールが溜まりやすくなり、また自動車をよく使うようになったことから運動量が著しく減少して身体に脂肪が溜まりやすい状態になっています。

余分なコレステロールが多いと、血管にコレステロールが付着して血流を妨げることになります。血流が細くなると、高血圧や代謝を損なうことになり健康に良くありません。さらには付着したコレステロールは時間が経つと、酸化して過酸化脂質となり血管自体にダメージを与えかねません。

レシチンはこういった事態を回避する効能を持ちます。

レシチンの持つ乳化作用は、体内から余分なコレステロールを排出させる働きがあります。本来コレステロールは血液に溶けませんが、レシチンがコレステロールを血中の水分に乳化させて、血管をきれいにしてくれます。血管の状態が改善されると、血液がめぐるようになるだけでなく、動脈硬化それに伴う併合症のリスクも減少します。レシチンは現代人に欠かせない栄養素なのです。

頭を良くする

レシチンは脳などの神経系組織にも多く含まれています。肝臓と同じく、レシチンを安定的に供給することが神経組織の保持に役立つとされています。

また神経伝達物質であるアセチルコリンを生成する効果もあります。アセチルコリンが欠乏すると、集中力の低下や記憶力の低迷につながると言われていますので、レシチンを摂取することでそれらを未然に防ぐことができます。

レシチンを上手く摂取するには

レシチンは大豆や卵黄などの食品に多く含まれています。なので、大豆を使った豆腐や納豆、あるいは卵黄を使ったオムレツや卵焼きなどを食べれば手軽に摂取できます。副菜にはどちらの食品も使いやすいので、品目を増やすには最適です。

ただし、コレステロール値がそこそこ高いのが悩みの種です。肉類などに比べれば少ないですが、毎日食べ続けていると肥満気味になってしまいます。

レシチンだけを選択的に摂取したいならば、サプリメントなどの健康補助食品が便利です。ローカロリーに必要な栄養素を目安摂取量の分だけとることができます。また調理の手間もいらず、水で飲むだけなので非常にお手軽です。

現代では食習慣が乱れがちですが、それを支えるための食品も流通するようになりました。うまくサプリメントを使って、健康的な毎日を過ごしましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。