サプリメントと食べ物からとれるレシチンの効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

サプリメントと食べ物からとれるレシチンの効果

カテゴリー:

レシチンサプリメントや食べ物から手軽に摂ることのできる栄養素であり、動脈硬化や認知症などを予防する効果や美容にも良い作用を持っている健康に欠かせない成分なのです。レシチンをとって、血液をサラサラにしましょう。

卵黄レシチンと大豆レシチン

レシチンはそもそも「卵黄」を意味する「レシトース」というギリシャ語が由来となっています。なので当然卵黄にはレシチンが豊富に含まれており、ホスファチジルコリンという神経系物質が多量に入っているのが特徴です。卵黄に含まれているレシチンを特に「卵黄レシチン」といいます。

また大豆にもレシチンが含まれており、こちらは「大豆レシチン」と呼ばれています。比較的血液に長く留まる性質を持ち、健康に役立ちます。

レシチンの持つ独自の性質―乳化作用―

本来水と油はそれぞれ混ざり合わない性質を持っています。しかし、レシチンはそれらを一つにまとめる働きがあり、それを乳化作用と呼んでいます。この乳化作用は人体だけでなく多くの動物が生きていくうえで必要な作用であり、 体内の生化学的反応に大いに役立っています。

<豆知識>

乳化作用は食品加工にも使われています。水溶性の物質と脂溶性の物質を混ぜ合わせることのできる物質は非常に希少であることから、レシチンは重宝されています。しかも自然由来の物質であるため信頼性も高いです。

レシチンを使ったメジャーな製品と言えば、チョコレートによく使われています。成分表を確認すると、「レシチン(大豆由来)」と記されている製品をまま見かけます。またアイスクリームにもよく使われています。牛乳などの脂質をうまく水分と凍らせることが出来ますので、くちどけ滑らかな仕上がりになります。

 レシチンの健康効果

動脈硬化の防止

レシチンには血管壁に付着したコレステロールを溶かして、血管が硬くなるのを防止する効果があります。一度血管についたコレステロールはなかなか剥がすことは難しいですが、レシチンの持つ乳化作用によって、コレステロールを血液に溶けさせて動脈硬化を防いでくれるのです。

代謝をサポートして、きれいなお肌を保つ

コレステロールを排除することで、血液をサラサラにする働きもあります。血液がきれいに流れていると、摂取した栄養素や酸素が身体の中をきちんとめぐるようになり、代謝やお肌のターンオーバーがスムーズに行われるようになります。

レシチンは健康面だけでなく、美容面にも役立つ栄養素なのです。

記憶力の低下や認知症を防ぐ

卵黄レシチンにはホスファチジルコリンという神経系物質が多量に含まれていますが、この成分は脳内の関門を通り抜ける物質であり、直接脳内に作用します。記憶力の保持や神経系の健全な維持など全般的な機能をサポートして、頭がスッキリするお手伝いをしています。

この働きからレシチンは認知症やアルツハイマーを予防する働きもあると言われています。脳の神経線維はレシチンから織り上げられていますので、しっかり摂取することで脳内環境を健全に維持できるというわけです。

 食品からレシチンをとるには

男女ともにレシチンの目安摂取量は1000~1500mg/日とされています。大豆には100g当たり約1450mg、卵黄には一個当たり約1500mg入っていますので、手軽に必要な量をとることができます。

大豆は納豆や豆腐など加工食品を食べると、容易に摂取できます。しかし、最近ではなかなか食べる機会が少なくなっていますので、食品から摂りきれないときはサプリメントなどでカバーしましょう。

卵黄の場合は卵焼きなど簡単に料理できます。なんならうどんやパスタなどにそのままのせても美味しく食べられます。うどんの場合はとろろを添えて、パスタはカルボナーラにするのがお勧めです。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。