大豆レシチンの効果とその摂り方について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

大豆レシチンの効果とその摂り方について

カテゴリー:

 

今回は大豆レシチン効果やその効率的な摂り方についてご紹介いたします。大豆にはレシチンの他に、タンパク質や食物繊維など身体に良い成分がたくさん含まれています。大豆レシチンを上手に摂取して、健康な身体を保ちましょう。

全ての細胞に含まれているレシチン

レシチンとは構造中にリン酸エステルを持つリン脂質の一つであり、動物や植物などあらゆる生物の細胞に含まれています。特に神経系組織に役立つ成分だと言われており、学習能力や記憶力の向上、認知症の予防など広く効果があるとされています。

レシチンにも種類がありますが、特に大豆レシチンは血液に長く留まる性質を持つことから、コレステロールの調整や動脈硬化の防止などに対してより有効だとされています。定期検診などで高血圧、コレステロール地の上昇などが気になっている方にぜひ摂ってほしい成分です。

次は健康と生命を維持する上で重要なレシチンの持つ効果についてお伝えします。

大豆レシチンの健康効果

内臓器官を健全に保つ

大豆レシチンは神経系組織に大いに役立つ成分ですが、内臓にも良い効果をもたらします。特にレシチンは肝臓でつくられる脂肪を排出させる作用がありますので、レシチンが不足していると脂肪肝のリスクが高まります。肝臓に脂肪が沈着すると、他の臓器にも影響を与えますので全身の健康に役立つと言えます。

血液をサラサラにする

レシチンには乳化作用という特異な性質があります。これは本来混ざり合わない水と油を一つにする作用であり、人体に大きく役立っています。体内では水溶性の物質と脂溶性の物質が入り混じっていますので、レシチンの働きによりそれらのバランスを調整しているのです。

その最たる例が血液です。血液といえば、水に近いイメージを持ちますが、実際には赤血球や白血球という細胞にコレステロールなどの脂溶性物質など非常に多くの成分を含んでいます。コレステロールはありすぎると、血液をドロドロにしてしまい動脈硬化などのリスクを高めることはご存知でしょう。ムダなコレステロールを排出させる働きをレシチンは持っており、血液をきれいにしてくれるのです。

学習能力や集中力を高める

神経系組織に多く含まれているように、レシチンは脳や神経の維持に必要だとされています。脳や神経ではアセチルコリンという伝達物質が常に往来しており、この材料となるのがレシチンです。アセチルコリンは学習能力など脳機能にかなり関係していますので、レシチンをとることで頭を良く保つことができると言われています。

さらに認知症の予防などにも役立つと言われていますので、大人になっても摂りたい成分です。

どうやって摂ればいいの?

レシチンの目安摂取量は一日で男女ともに1000~1500mg程度だと言われています。しかし、現代日本人の平均摂取量は1000mgを下回っていると言われており、若干必要量を下回っています。

レシチンは卵黄にも多く含まれていますが、コレストロールが多いため過剰に摂るのはおすすめできません。大豆を使った豆腐や納豆などの食品を食べれば、必要量に届きますが現代ではさほど食べられていません。新たに習慣づけるのも難しいでしょう。

効率的にとるのであれば、サプリメントなどの健康補助食品をオススメします。原料にこだわったものを使って、良質な大豆レシチンをとるといいでしょう。

上手に大豆レシチンを摂るには

しかし、豆腐などの大豆を使った食品はレシチンを含む以外にも多くの健康にいい効果を持っています。ローカロリーで高タンパクですので、健康志向の方にお勧めです。昔ながらの健康食品と合わせて、サプリメントを使うのが理想的に思われます。

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。