国産マカと海外マカはどっちが有効?:必須アミノ酸の有効性 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

国産マカと海外マカはどっちが有効?:必須アミノ酸の有効性

カテゴリー:

マカ

良いマカサプリを選ぶポイントとしては、国産マカ海外マカかということがあります。この2つの大きな違いとしては、アミノ酸の配合量です。今回は、国内マカに豊富に含まれる必須アミノ酸とその効果をご紹介します。

国産マカと海外マカはどっちが有効?

これまでほとんどのマカサプリは、海外マカが使われてきました。しかし、品質を高める目的で国内産のマカが注目されるようになりました。国産マカと海外マカの最も大きな違いは、必須アミノ酸の配合量です。

アミノ酸が豊富な国産マカ

なかでも最も大きな違いはアミノ酸の配合量です。

アミノ酸にはさまざまな作用がありますが、筋肉や体の器官を形成し、機能を良くする働きがあります。血流促進や疲労回復、スタミナ回復などにも有効です。神経を安定化させ、リラックス効果もあり、免疫力も高めます。

国産マカは質の良いアミノ酸がたくさん含まれているので高い効果が期待できます。

必須アミノ酸

国産マカにたくさん含まれている必須アミノ酸には次のようなものがあります。(カッコ内は国産マカの配合量)

・リジン(2倍)

リジンは、体を構成するのに必要なタンパク質です。

肉などに含まれる動物性タンパク質にたくさん含まれています。ブドウ糖の代謝を高める作用があるので集中力を高めます。疲労回復や骨を丈夫にするカルシウムの吸収にも有効です。肝臓機能にも良いので健康効果も高いです。ヘルペス治療にも使われます。

さらに髪の健康を保つ効果もあります。男性脱毛症の改善にも有効だといわれ、最近は育毛剤の成分としても使われています。リジンには、薄毛、抜け毛の抑制と発毛効果が期待されています。

薄毛

・スレオニン(1.6倍)

スレオニンは成長を促進する効果や、肝臓の脂肪蓄積を抑える効果があります。

最近は動物の飼料などの穀物の添加物として使われるようになりました。スレオニンには、脂肪肝の予防効果があります。肝臓に蓄積される中性脂肪を抑え、脂肪肝の予防にも効果があります。動脈硬化などの心臓病の予防にも効果的です。細胞の新陳代謝を高めるので身体の機能を向上し、身体の発達を助けます。大人の方はもちろん、子供にも大切なアミノ酸です。

そしてスレオニンには胃の粘膜にも良い働きがあるので、胃炎を抑える効果もあります。胃酸の出すぎを抑制し、胃の粘膜に炎症が起こるのを防ぎます。

さらに美容効果も高く、肌に潤いを保つ天然成分のNMFが含まれています。角質層に雑菌が繁殖して肌がダメージを受けて乾燥することを防ぎます。スレオニンは、体内でコラーゲンを合成するのにも有効なので、肌の奥から美しさを保ちます。髪の潤いにも良い効果があり、髪のハリを取り戻します。髪のケラチンは、スレオニンを含むアミノ酸から構成されているので、スレオニンが健康な髪を作る成分です。

・バリン(1.5倍)

バリンは必須アミノ酸の一種で、筋肉を増強し、筋肉や体の疲労を修復する効果があります。また細胞の成長を促し、血液中の窒素に働きかけ、調整する機能もあります。

バリンはロイシン、イソロイシンらと合わせてBCAAと呼ばれています。運動時のエネルギー補給となるので、筋トレや運動時に必要な成分です。最近では筋トレや運動サプリの人気成分として注目を集めています。特に BCAAは激しい運動後の筋肉の疲労回復によいと言われています。アスリートやスポーツ選手などにも人気の成分です。

最近はやっている筋トレサプリではバリンを始めとするBCAAが必須の成分となっています。この成分が国産マカには大変豊富に含まれています。

 

国産マカの必須アミノ酸

国産マカにはこのような体内では合成されず、必ず食物から補給しなければならない必須アミノ酸が豊富ですので多くの効果が期待できます。

(文:宮本燈)

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。