マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について

マヌカハニー

マヌカハニーは、ニュージーランドの一部に生息するマヌカの花の蜜から作られたハチミツです。ニュージーランドの先住民族のマオリ族は、マヌカ木の樹液や葉を薬として用いてきました。今日はマヌカハニーのMGOに関する効果、効能についてのお話しをしたいと思います。

マヌカハニーってなに?

 

マヌカハニーはニュージーランドの一部に生息するマヌカ(学名:ギョリュウバイ)の花蜜から作られたハチミツ。オーストラリアの一部の地域にもマヌカは生息していますが、少量のため商品化することが難しく、流通しているマヌカハニーの殆どがニュージーランド産です。

 

ニュージーランドの先住民族であるマオリ族は、樹液や葉を薬として用いてきました。マヌカハニーには特別な殺菌成分が含まれ、大腸菌、腸球菌、ピロリ菌の抑制や殺菌、消化性潰瘍やその他の感染症の治療に高い効果があることが発表され一躍話題に。

 

一般のハチミツにも抗菌力・殺菌力の効果がありますが、マヌカハニー程の抗菌力・殺菌力を持つハチミツは他にありません。また、マヌカハニーの中でも、特に殺菌効果の強いものは「アクティブマヌカハニー」と呼ばれています。

 

MGOってなに?

マヌカハニーの採取

 

「MGO」とは「メチルグリオキサール(Methylglyoxal)」のことで、1960年代にハンガリー人のセント=ジェルジ・アルベルト(Szent-Gyorgyi Albert)によって発見されました。

 

メチルグリオキサール(MGO)は、ケトンとアルデヒドの両方の性質を持ち、蛋白質を変性させてしまうことから、強い抗菌活性作用を持っており、メチルグリオキサールの摂取によってマクロファージの活性化が昂進(こうしん)されます。また、異常細胞や有害菌類に対して毒性を示し、正常細胞や有用菌類などには毒性が無いことは、唯一の産地であるニュージーランドのマヌカハニーの民間療法としての長い年月からも実証されています。

 

マヌカハニーの機能性として最も信頼出来る指標は、このハチミツ中に含まれる活性物質天然メチルグリオキサール(MGO)の含有量によって正確に決定できます。また日本国内における「MGO」は、(株)TCNに商標登録されています。

 

マヌカハニーの効果と効能

 

●ピロリ菌に効果

体内に入ってきたピロリ菌を殺菌し、感染を未然に防ぐことができます。また、すでに腸内に常在している場合でも、マヌカハニーを継続摂取するとよいでしょう。

 

●糖分は果糖とブドウ糖

これらの糖は砂糖と比べて虫歯になりにくい糖分です。砂糖は虫歯になりやすいとされ、砂糖を口にしたあとは、きちんと歯磨き(オーラルケア)をしなければなりません。

ところが、マヌカハニーには虫歯になりやすい成分が砂糖のように含まれていないため、虫歯になりにくい性質をもっています。口の中で溶かしながら食べることで、口臭の原因となる雑菌にも効果がでます。

マヌカハニーが口内炎に効果的である理由は主に二つあり、一つ目が殺菌、二つ目が抗炎症作用です。口内炎ができている所に重点的にマヌカハニーを滞留させることで回復が早まりやすく、一日に数回繰り返すことでさらに効果が出やすくなります。

 

●喉の痛みに絶大な効果

マヌカハニーは大変栄養価が高い食品ですので、風邪の時には積極的に取り入れましょう。マヌカハニーの殺菌力で喉の雑菌を除菌し、ハチミツ特有の保湿力で傷んだ気管をケアしてくれます。

 

●胃腸の不調を改善

中でもマヌカハニーは特に殺菌力が高いので、胃の中や腸内に存在する細菌を殺菌する効果があるとされており、積極的に摂取することで腸内環境をよくすることができます。マヌカハニーは、細菌や悪玉菌にも作用するので、整腸作用が特に高いとされています。

 

●コレステロール値を下げる効果があるとされています。

マヌカハニーもハチミツですので、同じようにコレステロール値を下げる効果があります。マヌカハニーを摂取したからといって、直接的にコレステロール値が劇的に下るかどうかは医学的には、証明されていません。しかし、毎日少しずつでも摂取するように心がけることで改善にも期待できるかもしれません。

 

●抗炎作用があります。

マヌカハニーは、ハチミツよりもさらに高い抗炎作用があるといえます。風邪を引いて喉に炎症があるとき、胃炎などになったとき、肌に傷ができたときなど、マヌカハニーを摂取したり患部に塗ることで、それ以上の炎症を防ぎ、改善することができます。

体に問題が起こったとき、患部は熱を持ち炎症を起こすことがあります。そういった不調にマヌカハニーは効果があります。どこか調子が悪いなと思ったら、積極的にマヌカハニーを取り入れることで、悪化させることなく早く治癒することにつながるかもしれません。

 

まとめ

マヌカハニーは天然のサプリメントとも言えるでしょう。少量でもいいので、日々の食事に取り入れるようにすることで、体調の管理ができると思います。日本の文化では、ハチミツを毎日口にすることは無いかもしれませんが、これを機にテーブルの上にマヌカハニーを置いてみてはいかがでしょうか。

マヌカハニーのMGOとUMF、NPA、TAの違い??

 

★注意★

※1歳未満の乳幼児には蜂蜜を食べさせないでください。
一般的には蜂蜜は、ボツリヌス菌の芽胞が稀に混入している危険があり、 1987年から厚生労働省では1歳未満の乳児にハチミツを食べさせないようにと指導しています。
ボツリヌス菌の芽胞は土壌や空気中などに広く分布しており、酸性に保たれている大人の消化器官の中では発芽しませんが、 消化器官の発育や抵抗力が弱い新生児では発芽し、乳児ボツリヌス症を発症させることがあります。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る