アクティブマヌカハニーで胃がん予防 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

アクティブマヌカハニーで胃がん予防

カテゴリー:

マヌカハニー

マヌカハニーの中でも活性強度の強いアクティブマヌカハニー摂取で胃がん予防についてまとめてみました。

マヌカハニーについては

マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について

マヌカハニー摂取でピロリ菌除菌とその効果!

胃がんとは

胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になって無秩序に増殖を繰り返すことで生じます。主な原因として、いくつかのリスク要因が指摘されており、喫煙や食生活などの生活習慣やピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)の持続感染などが原因と言われております。

胃がんは日本人に多いがんの一つで1988年まではガンの中での死因のトップでしたが、以前と比べると罹患率は大きく減っており胃がんで亡くなる人の割合は減ってきています。マヌカハニーがピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)に効果的な事についてはこちら⇒マヌカハニー摂取でピロリ菌除菌とその効果!

胃がんの症状としては早い段階で自覚症状が出ることは少なく、かなり進行しても無症状の場合があります。代表的な症状は、胃の痛み・不快感・違和感、胸焼け、吐き気、食欲不振などがありますが、これらは胃がん特有の症状ではなく、胃炎や胃潰瘍の場合でも起こるので、査をうけなければ確定はできません。症状の原因が胃炎や胃潰瘍の場合でも、内視鏡検査などで偶然に、早期胃がんが発見されることもあります。

参照:https://ganjoho.jp/public/cancer/stomach/index.html

ピロリ菌治療にマヌカハニーが効果的

マヌカハニーで胃がん予防

マヌカハニー

マヌカハニーで胃がんの予防ができる可能性があるのは、胃がんの原因となるピロリ菌の増殖を抑制をしてくれるからです。マヌカハニーに含まれているMGOは腸内の善玉菌を活性化し、悪玉菌を減少させる働きがあるため、腸内環境の改善につながります。マヌカハニーのMGOは数値が高いほど抗菌作用が強いので、マヌカハニーを選ぶ際はMGO値が高いものをお勧めします。

 

※1歳未満の乳幼児にははちみつを食べさせないでください。

蜂蜜には、稀にボツリヌス菌が混入している危険があり、腸内細菌叢の発達が未熟な1歳未満の乳児ではボツリヌス菌芽胞が腸内で発芽・増殖し、毒素を産生することにより乳児ボツリヌス症を発症させることがあります。絶対に食べさせないようにしてください。1987年から厚生労働省より1歳未満の乳児にはちみつを食べさせないようにと勧告も行われております。

 




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。