マヌカハニーはインフルエンザ治療に効果的 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

マヌカハニーはインフルエンザ治療に効果的

カテゴリー:

マヌカハニー

インフルエンザは、冬になると世界中で蔓延する感染症です。学校や職場で誰か一人がかかると、あっという間に広がります。インフルエンザにかかると、高熱、喉や関節の痛み、咳、鼻水などの症状がでます。病院で処方される”タミフル”は、代表的な抗インフルエンザ薬ですが、下痢、腹痛、異常行動、肺炎などの副作用があることも知られています。マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールは、非常に有力な抗ウイルス性があり、インフルエンザ菌の治療にも効果があると言われています。

マヌカハニーの抗ウイルス性作用

 

マヌカハニーの抗ウイルス作用は、様々な実験を通して確認されています。2014年、プレートに培養されたMDCK細胞(イヌの肝臓上皮)に、A型インフルエンザを感染させて、異なる種類・濃度のハチミツに浸す実験が発表されました。実験には、マヌカハニー、レンゲハチミツ、そばハチミツ、カンロハチミツ、アカシアハチミツの5種類が用いられました。全てのハチミツがウイルスを抑制し、ハチミツの濃度に比例して効果も上がりましたが、マヌカハニーが他のハチミツに比べて高い抗ウイルス作用を示したことが明らかになりました。

同年に公表された別の実験では、リレンザ(ザナミビル)やタミフル(オセルタミビル)など従来の抗ウイルス薬をハチミツに混ぜて使い、影響を調べました。その結果、ハチミツと混合することで、2つの薬の抗ウイルス効果がより高まることが明らかになりました。研究者は、異なる作用メカニズムを持つ抗ウイルス物質の併用により、単剤治療より更に効果的に働いたのではないかと考えています。マヌカハニーには普通のハチミツの20~160倍のMGO(メチルグリオキサール)が含まれており、この物質が高い抗ウイルス作用に貢献することが証明されており、インフルエンザ治療に効果があるという結果になりました。

インフルエンザの症状の緩和

 

インフルエンザ菌を直接抑えることとは別に、マヌカハニーは、インフルエンザにより起こる症状を軽減する為に働きます。マヌカハニーは、抗菌作用と抗炎症作用で、喉の細菌を除去し、喉の痛みや腫れを抑える働きをします。お水やお湯に、ティースプーン1杯のマヌカハニーを混ぜて飲むことで症状が和らぎます。

まとめ

 

日本では、タミフル耐性インフルエンザが年々増加しており、タミフルに代わる、新しい抗ウイルス薬の開発が急がれています。マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールは、非常に有力な抗ウイルス性があり、インフルエンザ菌の治療にも効果があることが実験を通して確認されています。そして、従来の抗ウイルス薬のように強い副作用もなく、安心して摂取できる自然の治療薬です。例えば、砂糖の代わりに紅茶にハチミツを入れるなど、普段の生活に取り入れることで、体の免疫機能を高めて、病気や感染症への予防にも繋がります。将来的には、従来の抗ウイルス薬に代わり、中心的に使われる治療薬になるかもしれません。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。