マヌカハニーの効能:マヌカハニーは酸化損傷を軽減する効果がある | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

マヌカハニーの効能:マヌカハニーは酸化損傷を軽減する効果がある

カテゴリー:

マヌカハニー

細胞及び組織のDNA、タンパク質、脂質の酸化損傷は、好気呼吸の間に体内で持続的に生成されるフリーラジカルが原因で引き起こされます。わたしたちの身体の防御システムには、フリーラジカルを消去する酸化防止剤が備わっており、酸化損傷から細胞を保護する力を持っています。しかし、加齢に伴う体内の抗酸化防御の減少とフリーラジカルの生成の増加は老化の原因になる酸化ストレスや、癌、心臓病、糖尿病などの変性疾患の発症に繋がります。高分子への酸化損傷は、細胞のアポトーシスや癌細胞への変換の原因になります。マヌカハニーには抗酸化物質が豊富に含まれていますが、酸化ストレスを抑制する効果があるのでしょうか。

老化を防ぐ酸化防止剤

 

老化プロセスは遺伝子的要因だけでなく、環境や食事などの生活スタイル要因による影響も受けます。これまでの様々な調査で、特定の栄養サプリメントを摂取することで加齢に伴う酸化損傷を軽減できることが報告されています。また、加齢による酸化損傷から身体を保護する為に、若い年齢から酸化防止効果のあるサプリメントを摂取することが推奨されています。身体を酸化損傷から保護する抗酸化防御は加齢に伴い変化し、多くの組織で30歳ぐらいから衰え始めます。

主にビタミンとミネラルで構成される酸化防止剤と比べて、はちみつはグルコースオキシダーゼ、カタラーゼ、アスコルビン酸、フラボノイド、フェノール酸、カロテノイド誘導体、有機酸、メイラード反応生成物、アミノ酸、タンパク質を含む酵素的及び非酵素的な抗酸化物質が豊富に含まれています。はちみつの抗酸化特性は、創傷、火傷、糖尿病性潰瘍、癌、循環器系疾患、神経疾患の治療プロセスを助ける効果があることが証明されています。

 

マヌカハニーは酸化損傷を軽減する効果があるのか

 

マレーシアで行われた研究では、マヌカハニーがねずみの酸化損傷を軽減する効果があるのかを調査しています。実験では、24匹の雄のねずみを若いグループ(生後2か月)と中年のグループ(生後9か月)のグループに分けて、それらを更に普通の水を摂取するグループと、マヌカハニー(2.5g/kg(体重))を摂取するグループに分けて30日間続けられました。

この実験の結果、マヌカハニーを摂取した若いグループ、中年のグループのねずみは、DNA損傷、マロンジアルデヒド濃度、肝臓のグルタチオンペルオキシダーゼ活性が減少したことが分かりました。しかし、赤血球のグルタチオンペルオキシダーゼ活性は、マヌカハニーを摂取した中年のねずみのグループで上昇したことが分かりました。肝臓及び赤血球のカタラーゼ活性は、マヌカハニーを摂取したどちらのグループのねずみも減少したことが分かりました。調査の結果、マヌカハニーは全フェノール含量が高いことが分かりました。そして、全フェノール含量と抗酸化作用には強い相関性があることが分かりました。

 

まとめ

 

マレーシアで行われた実験で、マヌカハニーを摂取は、若いねずみと中年のねずみのDNA損傷とマロンジアルデヒドの濃度を減少させたことが分かりました。また、マヌカハニーは、中年のねずみのグループより、若いねずみのDNA損傷に対して、より高い保護効果を示したことが分かりました。フリーラジカル消去活性及び総抗酸化能は、全フェノール含量と強い相関性があることが分かりました。これらの結果から、マヌカハニーに含まれるフェノール含量は、酸化損傷から細胞を守る役割を果たすと考えられます。




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。