マヌカハニーとペクチンのハイドロゲルは傷口の治療を促進する効果がある | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

マヌカハニーとペクチンのハイドロゲルは傷口の治療を促進する効果がある

カテゴリー:

マヌカハニー

傷口の治療はスキンバリアの再建に大きく影響する多くの要因に関係する複雑なプロセスです。現在、はちみつなどいくつかの天然物質が傷口治療効果があることが報告されています。はちみつは、伝統的な傷口治療において、単独、もしくは他の成分と混合して使用されています。過去10年ではちみつの傷口治療に関するいくつかの研究が実施され、はちみつの治療促進効果が話題になっています。マヌカハニー抗菌力は高さで知られているはちみつで、様々な研究により傷口治療への効果が報告されています。

はちみつとペクチンの傷口治療における役割

 

傷口の治療プロセスの間、上皮細胞は組織を遊走しなくてはなりませんが、これはしっとりとした湿潤環境のみで可能になります。よって、最も頻繁に使用される被覆材には、水分が多い環境を維持する為にハイドロゲルが使用されており、脱水、壊死、アポトーシスを防ぐことにより傷口治療を促進しています。ハイドロゲルは高い含水量で、湿潤環境の維持に貢献し、肉芽形成を促進する大量の体液を吸収することができます。更に、ハイドロゲルの三次元構造は、細胞接着、増殖、血管新生を可能にする足場として働きます。

はちみつには、傷口治療に必要な要素であるコラーゲンの生成と線維芽細胞の堆積に必要な高濃度のグリシン、メチオニン、アルギニンプロリンが豊富に含まれています。

近年、ペクチンは、薬物体内配達、皮膚の保護、足場を含む様々な生物医学アプリケーションにおける使用の為に調査されています。ペクチンはリンゴやミカンなどの植物の細胞壁に含まれる多糖類です。ペクチンは、カルシウム誘発性のゲル化を受けた時、細胞がジェルの中に入ることを可能にするエッグボックス構造を形成します。しかし、その弱い固有の機械的特性の為に、通常、他のポリマーと併せて使用されます。ペクチンは安価で手に入り、再生可能資源から抽出でき、細胞障害性でなく、ゲル化剤として働き、多くの生物医学アプリケーションに適しています。

 

オレンジ

マヌカハニーとペクチンのハイドロゲルの傷口治療効果

 

イタリアで行われた研究では、傷口治療におけるペクチンとマヌカハニーのハイドロゲルの効果を調査しています。実験では、36匹のねずみを、ペクチンとマヌカハニーのハイドロゲルのグループ、マヌカハニーのみのグループ、ペクチンのみのグループ、何も使用しない対照グループの4つに分けて、背中の傷口にそれぞれの物質を塗り、治療経過を比較しました。

 

傷口の縮小率の比較(%)

対照グループ マヌカハニー ペクチン マヌカ+ペクチン
2日目 −4.44 −2.95 −8.37 3.11
8日目 29.45 37.35 46.92 30.3
15日目 73.93 75.37 78.88 82.05
23日目 88.22 94 93.64 99.17

 

この実験の結果、対照グループに比べ、傷口のエリアの縮小率は、ペクチンとマヌカハニーのグループと、マヌカハニーのグループ、ペクチンのグループで早いことが分かりました。特に、ペクチンとマヌカハニーのグループでの傷の縮小率が著しく早いことが分かりました。

 

マヌカハニー

まとめ

 

イタリアで行われた研究で、マヌカハニーとペクチンを混合したハイドロゲルが、傷口の治療を早めたことが分かりました。これらの結果から、マヌカハニーやペクチンに含まれる成分や性質の相乗効果により傷口の治療が促進されたことが分かりました。更なる研究が進むことで、天然物質を使用した皮膚に優しい被覆材が開発されることが期待できます。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。