お米のとぎ汁で作れる水キムチの効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

お米のとぎ汁で作れる水キムチの効果

カテゴリー:

OKポーズ

乳酸菌が豊富な「水キムチ」は辛いものが苦手な方でも食べられる嬉しい健康メニュー。しかも、お米のとぎ汁を使って自宅で簡単に手作りできるそうです。そんな水キムチの効果や作り方をご紹介します。

 

韓国人の美の秘密!?

 

2003年に、ペ・ヨンジュン主演の「冬のソナタ」を火付け役に韓流ドラマが話題となり、巻き起こった韓流ブーム。

少女時代やKARA、東方神起から、最近大人気のTWICEなどが活躍する、K-POPにも注目が集まり、幅広い年齢層から支持を集めています。そして、有名な東京のコリアンタウン、新大久保では日本発の韓流グルメ!? チーズダッカルビがSNSで話題となっており、美容業界ではオルチャンメイクも支持され、その熱はいまだ冷める様子はありません。

K-POPアイドルや韓流ドラマで人気の女優さんが注目を浴びる中で、「韓国の女性は美人が多い」というイメージが巷で広がっており、韓国人女性の美容法に関心が集まっています。そして、「その秘密は食生活にあるのでは?」と、注目されつつあるのです!

 

韓国のソウルフード

 

韓国の食生活で最も特徴的なのは、やっぱり「キムチ」ではないでしょうか。キムチは、白菜やだいこんなどの野菜と塩、唐辛子やニンニク、魚介などの様々な食材を乳酸発酵させた発酵食品です。韓国では各家庭で毎年冬になるとキムチを漬けていたり、飲食店では別途注文しなくてもお料理と一緒にキムチが提供されていたりと日常的に食べられているようです。

日本でも発酵食品が美容・健康に良いと注目を集めていることもあり、韓国人女性の美の秘訣は「キムチ」にあるのではないかと考えられています。しかし「キムチ」を毎日の食生活に取り入れようと思っても、中には、辛いものが苦手な方もいるのではないでしょうか?

辛いものが苦手な方でも食べられる、辛くないキムチが最近話題になっていますが、ご存知でしょうか?

それは「水キムチ」と呼ばれるものです。

 

キムチ
(※画像は、一般的なキムチで水キムチではありません。)

 

乳酸発酵食品「水キムチ」

 

水キムチは、韓国で日常的に食べられている漬物です。ムルキムチなどとも呼ばれ、白キムチやナバクキムチなどの種類があります。一般的な赤いキムチとは異なり、塩でつけた水分の多いキムチのことを言います。米のとぎ汁や麺のゆで汁、米粉・小麦粉などを水に溶いたものなど、身近なでんぷん質で作った汁に付け込んで作ります。

こうして作った汁に野菜を漬けて発酵させることで、野菜に含まれる乳酸菌を増やします。唐辛子の辛みのきいた一般的なキムチとは異なり、酸味のあるさっぱりとした味わいになります。これからの暑い時期にもぴったりですね!

 

水キムチの効果

 

水キムチに多く含まれる乳酸菌は、人にとって良い働きをするため、ビフィズス菌などと一緒に善玉菌と呼ばれます。善玉菌には、悪玉菌の繁殖を防ぎ、腸内の菌のバランスを保つ働きがあります。そのような働きをする乳酸菌には、整腸作用や便秘の改善が期待されています。また、コレステロールの低下や免疫力を高めるアレルギーの抑制など、さまざまな働きがあると言われています。善玉菌はより効果的に働かせるために、毎日続けて摂ることがおすすめです。

また水キムチは、使う野菜によって食物繊維やオリゴ糖も一緒に摂取することができます。これらは大腸で善玉菌の餌となり、腸内にもともといる善玉菌を増やします。便秘になると、肌荒れやお腹のはりなど女性にとっては天敵ともいえる症状を招きかねません。乳酸菌・食物繊維・オリゴ糖を継続的に摂取することを心がけることで、腸の環境を整え、内面からの美人を目指しましょう。

 

痩せ菌

 

水キムチにむいている野菜

 

水キムチは、もともとは韓国の家庭料理なので、お好みの野菜や果物で作ることができます。おすすめはオリゴ糖を含む玉葱と、季節の食材を使うことです。季節の食材は値段が安いだけでなく、その季節に身体にとって必要な栄養素を多く含んでいる傾向があります。さらに同じ種類の野菜でも、旬以外の季節に収穫されたものと比較して、栄養素が高い傾向にあることも魅力の一つです。

これから旬を迎える夏野菜には、ゴーヤ・トマト・茄子・きゅうり・ピーマン・オクラ・みょうが等があります。太陽の光を一杯浴びてみずみずしく育った夏野菜は、水分が多く体の熱を放出する働きがあります。夏バテ予防や、疲労回復にも効果があるとされています。また、色もカラフルな夏野菜は、暑い中でも食欲をそそります。

 

お米のとぎ汁で簡単、水キムチの作り方

 

旬の野菜を使った水キムチの作り方を紹介します。

漬けておくだけなので、常備菜にもピッタリです! 季節の野菜を食卓に一品加えてみてはいかがでしょうか?

 

腸から美人を目指す! 夏野菜の水キムチ

 

【材料】

 

  • 米のとぎ汁……2cup *2回目以降でできるだけ濃いもの
  • 茄子……1個(100g)*長さ5㎝ほど棒切り
  • 玉葱……小さめ半分(80g)*スライス
  • きゅうり……1本(100g)*長さ5㎝ほど棒切り
  • ミニトマト……7~8個 *ヘタを取っておく
  • 生姜……1かけ *スライス
  • 塩こうじ……小さじ1
  • 砂糖……小さじ1

 

【作り方】

 

  1. ① 鍋に米のとぎ汁と砂糖を入れ、沸騰したら火を止める
  2. ② 浅めのタッパーに、「①」の粗熱が取れたら塩こうじを加えよく混ぜたものを移し、野菜も入れる
  3. ③ 途中で上下を返しながら1~2日程度おいておき、味が馴染んだら、冷蔵庫に移す

 

◆注意点 ・レシピのポイント

 

  • 発酵させるものなので、必ずタッパーやボウル、菜箸などの使用する器具は消毒しましょう。
  • お米のとぎ汁は1回目は米の表面についた汚れが含まれているため、2回目以降を使用します。
  • 室温が高くなる場合には、冷蔵庫でおきましょう。
  • ピーマンやパプリカ、ししとうなどの野菜にもお好みでアレンジできます。
  • 汁にも栄養が多く含まれているので、捨てずにスープに使用するのがおすすめです!

 

水キムチ

 

まとめ

 

いかがでしたか? 辛くない水キムチなら、辛いものが苦手な方や、小さなお子様でもおいしく食べられます。旬の野菜を使用することで、食卓で季節を感じることができるのも素敵だと思いませんか? 身体の中からキレイになれるよう、腸内環境を整え、肌荒れや便秘などのトラブルを改善していきましょう。

 

【記事監修】栄養士:池谷 遥

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る