ムードフード:チョコレートの幸せ効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ムードフード:チョコレートの幸せ効果

以前にもご紹介しました気分を上げる気分を上げる食べ物のムードフードですが、先回ご紹介した以外にもいくつかあります。その一つがチョコレートです。チョコレートは、疲労回復にも良いとも言われますが、はたして本当にチョコレートに幸せ効果はあるのでしょうか?

ムードフード:チョコレートの幸せ効果

最近話題のムードフードは、食べるだけで幸せホルモンが出てムードが上昇する食べ物です。普段よく食べているチョコレートにその効果があるらしいのです。

ムードフードのチョコレート

チョコレートを食べると疲労がとれるなどとも言われ、仕事中に甘い物を食べると脳が活性化するなどという風説もよく聞きます。チョコレートが精神疲労や脳疲労回復に効果があるのは、チョコレートに含まれるカカオ成分のためです。カカオには、脳の働きを活発にし、集中力を高め、認識機能も高める働きがあります。チョコレートに含まれるセロトニンには、ノルアドレナリンやドーパミンなどの精神状態を安定させる物質のバランスを保つ働きがあります。セロトニンが減少すると、うつ病の発症や、暴力的な行動を引き起こす原因となります。これを防ぐのがセロトニンです。セロトニンは、幸せホルモンとも呼ばれ、最近注目を集めている体内分泌物質です。カカオにはその前駆体となるトリプトファンも含まれ、これが体内でセロトニンに転換に役立ちます。カカオに含まれるポリフェノールレスベラトロールがセロトニンの生成を助けます。もう一つは、テオブロミンです。カカオに含まれるテオプロミンには、脳を活性化させ集中力を高め、記憶力を良くする働きがあります。テオプロミンは、チョコレート、ココアなどに含まれています。血管拡張薬や利尿薬としても活用されていて、血流促進効果があります。テオプロミンには、リラックス効果もあるので、これがチョコレートがムードフードと言われる理由です。テオプロミンは、カフェインより緩やかなスピードで精神を鎮静化させます。そしてチョコレートのエンドルフィンは精神伝達物質を生成して、一時的な精神の高揚や開放感、幸福感などを与えます。ストレスや不安、苦痛を和らげるのにも有効です。そしてエンドルフィンは快楽感を統制するドーパミンにも関与しています。ドーパミンをコントロールしているGAVAを抑制するのがエンドルフィンなので、結果的にエンドルフィンには快楽をもたらすドーパミンが発生するのを妨げないようにする働きがあるということになります。

チョコレートを食べると本当に幸せな気分になれるの?

フィンランドで行われた高齢男性を対象とした研究によると、チョコレートの摂取と健康や心理的な幸福に関連があることがわかりました(Strandberg et al., 2008)。調査対象(860人)のなかで、チョコレートをより頻繁に食べている人(399人)は、他の甘いものを好んで食べている人よりも、孤独感(P = 0.01)、幸福感(P = 0.01)、未来への展望(P = 0.0002)、Zungうつ傾向(P = 0.02)など全てのスコアが良好でした。このことから高齢男性において、チョコレートを好んで食べている人は健康で心理的幸福感が高いということがわかりました。一方で、女性や学生を対象にした研究では、チョコレートを食べた時の罪悪感やダイエットを気にした負の感情が発生することや、子供のチョコ―レート摂取によるストレス増加、慢性的に食べたくなる欲求が増すなど負の結果も報告されています(Cartwright et al., 2007; Fletcher et al., 2007; Macht and Dettmer 2006; Parker et al., 2006)。

まとめ

このような研究の結果からチョコレートにはやはり幸せ効果があると言ってもよいのかもしれません。しかし、チョコレートの甘い誘惑に負けて食べすぎると負の効果もあるようです。健康面や精神面でもやはりチョコレートの食べすぎには注意が必要ですので、適度に食べて上手にムードフードとして活用していきましょう。

(文責:宮本燈)

参考文献

Strandberg, T. E., Strandberg, A. Y., Pitkälä, K., Salomaa, V. V., Tilvis, R. S., & Miettinen, T. A. (2008). Chocolate, well-being and health among elderly men. European journal of clinical nutrition, 62(2), 247-253.

Cartwright, F., Stritzke, W. G., Durkin, K., Houghton, S., Burke, V., and Beilin, L. J. (2007). Chocolate craving among children: implications for disordered eating patterns. Appetite 48, 87–95. doi: 10.1016/j.appet.2006.07.081

Fletcher, B. C., Pine, K. J., Woodbridge, Z., and Nash, A. (2007). How visual images of chocolate affect the craving and guilt of female dieters. Appetite 48, 211–217. doi: 10.1016/j.appet.2006.09.002

Macht, M., and Dettmer, D. (2006). Everyday mood and emotions after eating a chocolate bar or an apple. Appetite 46, 332–336. doi: 10.1016/j.appet.2006.01.014

Parker, G., Parker, I., and Brotchie, H. (2006b). Mood state effects of chocolate. J. Affect. Disord. 92, 149–159. doi: 10.1016/j.jad.2006.02.007


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。