桑の葉のダイエットに良い効果と副作用 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

桑の葉のダイエットに良い効果と副作用

カテゴリー:

桑の葉の持つダイエット効果は、糖尿病の予防にも役立って生活習慣病を防ぐこともできます。ただし人によっては副作用も出ることもありますので、上手く使うための方法をご紹介します。

桑の葉のダイエットに効く効果

血糖値をコントロールする

桑の葉に含まれるデオキシノジリマイシン(DNJ)という特有成分が血糖値の上昇を抑えて、太りやすくなるのを予防する効果があると言われています。

デオキシノジリマイシンは、糖質の吸収を促すα-グルコシターゼという物質の働きを阻害して血糖値の上昇を緩やかにします。この働きによって、体内に入ってくる糖質を減らしてダイエットに役立ちます。また糖尿病の予防にも使えますので、次はそれについて見ていきましょう。

糖尿病を予防する桑の葉

桑の葉はダイエットに効く健康食品ですが、糖尿病に効果のある植物としても知られています。糖尿病は現代人の生活習慣病の一つですので、その対策についてご紹介します。

糖尿病とは血糖値のコントロールがうまくできなくなっている状態であり、せっかく摂取したエネルギーのもととなるブドウ糖が細胞に取り入れられず血液中に溢れてしまっている症状のことです。

ここにはインスリンというホルモンが大きく関係しています。インスリンとは膵臓から分泌される唯一血糖値を下げるホルモンであり、急激に上昇しないよう抑制する作用があります。さらに血液中のブドウ糖を細胞に送り込んでエネルギーとして消費させる役割も果たしています。

糖尿病になると、インスリンが膵臓から分泌される量が減ったりうまく機能しなくなったりして、血糖値が高い状態が続いてしまいます。せっかく摂取したエネルギー源であるブドウ糖が細胞に取り入れられずにエネルギーとして利用されないばかりか、血液中に流れ込んで血管を傷つけてしまうのです。

小学生でも発症する糖尿病

日本全体では、男性は7人に1人、女性では10人に1人が糖尿病に罹患していると言われています。しかも中高年だけでなく小学生でも割と見られるようになっていると聞きます。

糖尿病は主に「食習慣の乱れ」と「運動不足」の二つの要素によって引き起こされます。野菜を必要な量だけ取らずに、肉類など好きなものばかり食べて糖分を摂取しているとなりやすくなるというわけです。ここでいう糖分は、ケーキやチョコなどのお菓子のそれよりもむしろご飯やパン類の方がリスクを高めます。ご飯一杯に含まれるブドウ糖だけでも角砂糖数十個分に値しますので、炭水化物を抜いた方が糖尿病を防ぐことができると言われています。

また運動せずにいると、インスリン感受性が低下して身体がだらけてしまうと言われています。基本的に身体は適度な運動などでストレスを与えないと、たるんでしまうので通勤時に歩いたり自転車を使うなど習慣づけるのが肝要です。

糖尿病を判断するには

食後なのに空腹感がある

通常であれば、当然摂取した食べ物が胃の中に行くことで満腹中枢が刺激されて満足感が満たされます。しかし、糖尿病になっているとエネルギーが吸収されていないため、食べたにも関わらず「まだ足りていない」と体が判断してしまい、空腹感を覚えると言われています。

かなり喉が渇く

非常に水が欲しくなるのも特徴的な症状です。血糖値が高い状態ですと、血液中にブドウ糖が増えている分相対的に水分が少なくなります。それを補おうと体が水分を求めることから、激しい喉の渇きを感じると言うわけです。

桑の葉に副作用ってあるの?

桑の葉は漢方にも使われている植物であることから、身体に負担をかけず有効成分をゆっくりと浸透させることが出来ます。そのため、よほど多量に摂取しない限りは副作用的な症状が出ることはありません。しかし、体質によってはアレルギー的な症状が出ることもありますので、その際には一旦使用を中止して医師などに相談しましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。