アルコールの飲み過ぎはビタミン欠乏症を引き起こす?お酒好きの人はマルチビタミンのサプリでビタミンを補おう | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

アルコールの飲み過ぎはビタミン欠乏症を引き起こす?お酒好きの人はマルチビタミンのサプリでビタミンを補おう

カテゴリー:

ビタミン欠乏

控えめなアルコールの摂取は健康に良い効果があると言われています。アメリカ心臓協会” The American Heart Association”は1日1~2杯の適度なアルコール摂取は善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やし、冠動脈疾患の発症リスクを減らすことを報告しています。しかし、過度のアルコール摂取が肝臓に悪影響を及ぼすことはよく知られています。また、アルコールの飲み過ぎは、ビタミンミネラル必須脂肪酸タンパク質を含む複数の栄養欠乏症に繋がることが示されています。その為、アルコール中毒の方は、栄養欠乏症を改善する為にビタミン補充療法を行う必要があります。

チアミン(B1)、ナイアシン(B3)、ピリドキシン(B6)

 

アルコール自体には役立つ栄養素は含まれていませんが、アルコールは炭水化物やタンパク質の代謝にも関係するビタミン依存酵素により肝臓で優先的に処理されます。栄養学者のElson Haasによると、チアミンナイアシンピリドキシンは直接的、非直接的にアルコール代謝に関わっており、これらはアルコールの過剰摂取により初めに減少する栄養成分ということです。

 

リボフラビン(B2)とビタミンB12

 

人の肝臓はアルコールを無害化する為にグルタチオンとその他の抗酸化物質が必要ですが、アルコールを頻繁に摂取する人はこれらの物質を効率的に再生できません。2011年に発表された“Alcoholism, Clinical and Experimental Research”では、アルコールがグルタチオン減少の原因になり、それにより肝臓のアルコール代謝能力の低下に繋がることが示されています。グルタチオンはビタミンB12の機能を最適化する為に必要なので、過剰なアルコール摂取は相対的なビタミンB12欠乏症を引き起こします。更に、アルコールにより損傷した肝臓はビタミンB12を保存する能力が低くなります。また、リボフラビンはグルタチオンを再生する為に必要ですが、このビタミンもアルコール摂取により減少します。

 

アスコルビン酸と脂溶性ビタミン

 

アルコールの飲み過ぎに伴う栄養問題は、アルコールの摂取量に直接的に関係しています。慢性アルコール中毒は食欲を抑制し、その結果、栄養が豊富に含まれている食物の摂取も減ります。健康に良い食品の不足はビタミンAビタミンDビタミンEビタミンKチアミンナイアシン葉酸ビタミンB6、ビオチン、ビタミンB12の摂取を減らします。そして、アスコルビン酸またはビタミンCの摂取量も減らします。

 

まとめ

 

上記の通り、アルコールの過剰摂取はビタミン欠乏症など、健康を損なう深刻な有害反応を引き起こします。その為、ビタミン補充療法は慢性アルコール中毒の人にとって重要です。ビタミンのサプリメントはバランスの良い食事の代わりになるわけではありませんが、ビタミンB群、アスコルビン酸、脂溶性ビタミンを毎日摂取することにより不足した栄養素が補充され、アルコールの飲み過ぎによる引き起こされる有害反応を減らすサポートをします。お酒が好きでよく飲む方は、まずは飲む量を減らすことを第一に考え、不足した栄養素を補う為に、マルチビタミンや個々のビタミンのサプリメントを利用してみてはいかがでしょうか。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。