お肌のトラブルの改善に効くマルチビタミンの効果② ビタミンE、ビタミンB、ビタミンK | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

お肌のトラブルの改善に効くマルチビタミンの効果② ビタミンE、ビタミンB、ビタミンK

のトラブルの改善に効くマルチビタミンの効果①では、お肌のトラブルに対するビタミンDビタミンCの効果についてお話しました。おのトラブルの改善に効くマルチビタミンの効果②では、ビタミンEビタミンBビタミンKの肌トラブルへの効果についてお話します。

ビタミンE

 

ビタミンCと同じく、ビタミンEは酸化防止剤です。スキンケアにおけるビタミンEの主要な役割は、紫外線によるダメージからお肌を守ることです。ビタミンEは日光にさらされた時、有害な紫外線を吸収します。”光防護”は、紫外線によるダメージを最小限にとどめる体の能力を示し、この能力はお肌にしみやシワができるのを防ぎます。通常、わたしたちの体は、毛穴から出る油性物質である皮脂を通してビタミンEを生成します。適切なバランスを維持することで、皮脂はお肌の調子を整え、乾燥を防ぎます。乾燥肌の人は、ビタミンEを摂ることで、皮脂の不足を改善できるかもしれません。ビタミンEはまた、皮膚の炎症の緩和に役立ちます。

 

ビタミンEの摂取を増やすには?

  • アーモンド、ヘーゼルナッツ、ひまわりの種などナッツや種を食べる
  • マルチビタミンか、ビタミンEのサプリメントを摂取する
  • 光防護の為にビタミンEやビタミンCが含まれるスキンケア用品を使用する

 

ビタミンB

 

ビタミンB群は、健康的な細胞を破壊するフリーラジカルによるダメージを和らげることで、皮膚の老化や病気を防ぎ、健康的な髪、皮膚、爪を維持します。これまでの調査で、ナイアシンパントテン酸(ビタミンB5)の摂取で、ニキビの症状が改善されたことが明らかになっています。また、パントテン酸などビタミンBが含まれるフェイスクリームの、皮膚軟化作用も示されています。

 

ビタミンBの摂取を増やすには?

 

ビタミンK

 

ビタミンK

 

ビタミンKは、わたしたちの体が、傷やあざを治すのに必要な血液凝固の過程でなくてはならないビタミンです。ビタミンKにはまた、肉割れ、クモ状静脈、傷跡、しみ、目の下のクマなど、特定のお肌の状態の改善においての基本的な役割があります。ビタミンKは多くの塗り薬に含まれており、様々な皮膚の症状の治療に役立てられています。医者は、手術後の腫れや傷跡を減らす為にビタミンKが含まれるクリームをしばしば使用します。しかし、ビタミンEやビタミンCに比べ、ビタミンKのお肌への効果を示す研究は多くありません。

 

ビタミンKの摂取を増やすには?

  • ケール、ほうれん草、レタス、キャベツ、グリーンピースなどの野菜を食べる

 

ビタミンの過剰摂取に注意しよう

 

マルチビタミンは、用量用法を守って摂取すれば、基本的には安全であると考えられます。しかし、食事から十分なビタミンを摂取できている人や、栄養強化食品や飲料を利用している人、その他の栄養サプリメントを摂取している人は、マルチビタミンの摂取で、ビタミン類が許容上限摂取量を超えないかを確認する必要があります。本来、栄養補給や健康維持の為に役立つはずの栄養サプリメントが、過剰摂取することで体に有毒な症状を引き起こす可能性があります。

 

まとめ

 

お肌のトラブルの改善に効くマルチビタミンの効果①、②では、それぞれのビタミンの役割とお肌への効果についてお話しました。栄養の偏りは、お肌のトラブルの悪化に繋がります。食生活が乱れがちな方で、お肌の乾燥や肌荒れが気になるという方は、お肌の調子を整える為に必要なビタミンが不足しているかもしれません。まずは、栄養の偏りを改善する為に、食生活を見直すことから始めてみませんか?

 

関連記事:お肌のトラブルの改善に効くマルチビタミンの効果① ビタミンD、ビタミンC

 




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。