マルチビタミンの効能:マルチビタミンのサプリの高齢者の栄養状態と骨の健康への効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

マルチビタミンの効能:マルチビタミンのサプリの高齢者の栄養状態と骨の健康への効果

マルチビタミン

介護施設に入居している多くの高齢者は、食事の摂取量が少ない傾向があります。これにより、エネルギー摂取量が減り、身体活動が少なくなることで、痴呆や鬱の発症リスクが増加すると言われています。更に、高齢者は、若者に比べ、タンパク質、カルシウムビタミンDの1日の必要量が高くなる為、少ない食事摂取量で、これらの栄養素の必要量を満たすのが難しくなります。今日は、マルチビタミンサプリの、高齢者の栄養状態と骨の健康への効果についてお話します。

健康促進の為に使用されるマルチビタミン

 

良好な健康状態を強化する為に、世界中で多くの人がマルチビタミンを摂取しています。これまでの調査で、高齢者の2~4か月のマルチビタミン及びマルチミネラルの摂取により、血清微量栄養素の濃度が改善したことが報告されています。2005年に発表されたオーストラリアの研究では、介護施設の高齢者が、ビタミンD及びカルシウムのサプリメントの2年間の摂取で、骨折の割合が減少したことが示されています。そして、2005年に発表された日本の研究では、葉酸ビタミンB12の2年間の摂取が、高齢脳卒中患者の股関節骨折を減らしたことが明らかにされています。

 

マルチビタミンのサプリは高齢者の栄養状態や骨の質を改善するのか

 

2009年に発表されたオーストラリアのディーキン大学の研究では、マルチビタミンのサプリが、介護施設に入居する高齢者の栄養状態や骨の質を改善するのかを調査しています。実験では、高齢者を、マルチビタミン・マルチミネラルを摂取するグループと偽薬のグループに分けて、6か月間続けられました。そして、実験前と実験後の血清微量栄養素、骨密度、転倒の頻度を調査し、比較しました。

 

実験前と実験後の栄養状態の変化

 
偽薬(43人) マルチビタミン(49人)
25(OH)D (nmolL⁻¹) -6.0 +27.4
葉酸(nmolL⁻¹) -0.4 +13.0
ビタミンB12(pmolL⁻¹) -32.4 +145.6

 

栄養欠乏症の人の割合(%)

 
偽薬 マルチビタミン
実験前 実験後 実験前 実験後
25(OH)D (50 nmolL⁻¹以下) 83% 90% 77% 23%
葉酸(7 nmolL⁻¹以下) 13% 21% 14% 0%
ビタミンB12(200 pmolL⁻¹以下) 31% 40% 30% 6%

 

実験後、マルチビタミンのグループの、血清25(OH)D、葉酸、ビタミンB12の濃度が大きく改善されたことが分かりました。そして、マルチビタミンのグループは、それらの栄養素の欠乏症の人の割合が著しく減少したことが分かりました。また、超音波骨密度測定法(QUS)により、マルチビタミンのグループの高齢者の骨密度が改善したことが分かりました。そして、マルチビタミンのグループの患者の転倒の頻度は、偽薬のグループに比べ63%も低い結果になりました。

 

マルチビタミン

 

まとめ

 

マルチビタミン、マルチミネラルのサプリメントの摂取で、介護施設の高齢者の血清25(OH)D、葉酸、ビタミンB12の濃度が著しく上昇し、骨密度が改善されたことが分かりました。高齢者は、食事の摂取量が減る為、栄養欠乏症の人の割合が多い傾向が見られます。マルチビタミン、マルチミネラルのサプリを利用するなどして、栄養状態を改善し、骨の健康を維持しましょう。

 

関連記事:マルチビタミンのサプリメントの高齢者の栄養状態への効果


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。