イチョウ葉エキスとマルチビタミンのサプリはパーキンソン病の治療に効果があるのか | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

イチョウ葉エキスとマルチビタミンのサプリはパーキンソン病の治療に効果があるのか

パーキンソン病

パーキンソン病は、黒質緻密部のドーパミンを生成する神経細胞の損失に特徴づけられる神経変性疾患です。パーキンソン病の運動症状は、安静時振戦、運動緩慢、硬直、姿勢動揺が含まれます。非運動症状は、認知障害、睡眠障害、疲労感、鬱、自律神経の異常が含まれます。アメリカで、パーキンソン病の男性患者がイチョウ葉エキスマルチビタミンサプリメントを摂取し、症状が改善した事例が報告されています。

パーキンソン病の患者がイチョウ葉エキス及びマルチビタミンのサプリメントを摂取し、症状が改善した事例

 

1980年の終わり頃、ある女性はパーキンソン病の祖父が頻繁に転倒するようになったと叔母から連絡を受けました。叔母は、祖父が介助なしで生きられないようになるかもしれないと心配していました。祖父は、病気の症状緩和の為にシネメット(カルビドパ/レボドパ)を摂取していましたが、殆ど効果が見られませんでした。バランス障害はパーキンソン病の典型的な症状ですが、女性はその時、祖父の転倒が眩暈か動脈不全によるものである可能性を考え、1日3回40mgのイチョウ葉エキスのサプリメントの摂取を勧めました。また、1日2錠のマルチビタミン、マルチミネラルのサプリメントの摂取も始めました。サプリメントの摂取を始めたところ、奇跡的にも6週間の間、男性の転倒の頻度が著しく減少しただけでなく、震えの症状も80~90%改善したことが分かりました。以前は、男性は自身で食事をしようとしても部屋のあちこちにこぼしてしまう為、家族が頻繁にスプーンでご飯を食べさせていましたが、イチョウ葉エキスとマルチビタミンのサプリメントによる治療で、男性は自分でご飯を食べられるようになり、外食に出かけられるようになりました。そして、全体的な生活の質が著しく改善されました。1997年の初めに、最終的に男性は介護施設に入り、イチョウ葉エキスとマルチビタミン・マルチミネラルのサプリメントの摂取をやめました。その時までに、男性は10年間に渡りそれらのサプリメントを摂取していました。そして、3か月後に亡くなるまでに、サプリメント摂取前のような震えの症状が戻ることはありませんでした。

 

マルチビタミン

イチョウ葉エキスの効能

 

これまでに、イチョウ葉エキスのパーキンソン病への効果に関する証拠は乏しく、動物実験のみで示されています。2004年に行われた研究の中で、イチョウ葉エキス(EGb 761)は、6-ヒドロキシドパミン(6-OHDA)によりパーキンソン病を誘発されたねずみに対する神経保護作用を示したことが分かりました。研究者は”これらのデータはパーキンソン病の治療におけるエキスの考えられる役割を示している”と結論付けています。また、2005年に行われたねずみを使った研究では、6-OHDAでパーキンソン病を誘発する前にねずみにイチョウ葉エキスによる前処置を行いました。その論文の筆者はまた、イチョウは、化学作用で誘発されるパーキンソン症候群に対し、用量依存的な保護作用を示すことを言及しています。

 

マルチビタミン・マルチミネラルサプリメントの効能

 

2004年にブラジルで行われた小規模の研究では、19人のパーキンソン病の患者が高濃度のリボフラビン;ビタミンB2(8時間ごとに30mg)の摂取と、赤身の肉の除去を6か月間続けることで、”平均運動能力”が44%~71%上昇したことが分かっています。また、1993年にBirkmayer等により行われた実験では、885人のパーキンソン病患者がニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NADH;ナイアシンの活性型)を摂取し、約80%の患者が、”とても良い”もしくは”適度”の改善が見られたと答えています。この実験では、若い患者か、病気の期間が短い患者の方が、高齢患者もしくは症状が長期間持続している患者に比べ、著しい改善が見られたことが明らかになっています。また、1993年のFahnによる記事によると、高濃度のビタミンEビタミンC(それぞれ3200 mgと3000 IU)の摂取は、パーキンソン病の進行を遅らせ、パーキンソン病の治療薬であるレボドパの使用を2.5年遅らせることができることを発見しています。

 

まとめ

 

イチョウ葉エキスとマルチビタミン、マルチミネラルのサプリメントにより、パーキンソン病の高齢男性の転倒や震えの症状がおさまった事例が報告されています。様々な研究を通して、イチョウ葉エキスとマルチビタミンのパーキンソン病への効果の可能性も示されています。今後更なる研究が進むことで、パーキンソン病の予防や治療への新しい道が開かれることが期待されています。




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。