ナイアシンが欠乏した際に現れる症状 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ナイアシンが欠乏した際に現れる症状

カテゴリー:

ナイアシンとは全身の代謝に関わる重要な栄養素であり、これが欠乏すると皮膚炎や下痢などを引き起こします。重篤化していくと治療を要することになる大変な症状ですので、これからその対処法についてお話いたします。

人体に最も多く存在するビタミン

ナイアシンは聞き慣れない栄養素ですが、実はビタミンB群の一種でありビタミンの中では人体で最も多く存在しています。全身でエネルギーを生み出す補酵素として機能しており、全ての酵素の2割がナイアシンがないと正常に働くことができません。そのため、ナイアシンは人にとって欠かせない栄養素なのです。

ナイアシンは主に食品から摂取されます。野菜や肉類に多く含まれていますので、栄養バランスを意識した食事であれば特に問題なく摂取できます。体内でも生成できるビタミンですが、その過程ではビタミンB6トリプトファンなどが必要ですのでこれらの栄養素がないと作ることはできません。

どうやってナイアシンが発見されたか?

ナイアシンはポーランドの化学者であるフンク博士によって発見されました。彼は脚気について研究を進める過程で米ぬかに含まれるある成分が脚気を予防することを見つけ、後にそれからナイアシンを発見しました。フンク博士はビタミンを最初に見つけた化学者です。

当初ナイアシンは3番目に見つかったビタミンB群であることからビタミンB3とも言われていましたが、混同を避けるためにナイアシンと命名されました。ビタミンB群にはこのような話が多くあります。

 

 

ナイアシンが欠乏すると

ナイアシンには、皮膚や粘膜を健康に保つ作用があります。体内に入ったナイアシンはNADNADPに変化して代謝が活発な皮膚などの細胞の生まれ変わりをサポートします。そのため、ナイアシンが欠乏するとまず皮膚に症状が現れます。その最たるものがペラグラという病気であり、皮膚炎や胃腸炎が見られます。日本を含む先進国ではあまり見られませんが、トウモロコシもしくはそれを原料とするトルティーヤなどを主食とする地域では現在でも確認されています。

それはトウモロコシに含まれるナイアシンは,通常人間の消化器官ではうまく吸収されず体内に必要なだけの量が入ってこないことによるものです。さらにトウモロコシにはトリプトファンも欠乏しているため、体内で生成することもできません。

通常この段階であれば、米やパン食に切り替えるあるいは野菜類や肉類を食べるといった食事療法で奏功が見られます。しかし、トウモロコシを常食にしている場合など長期的にナイアシンが不足していたり肝硬変やアルコール中毒などによってナイアシンの吸収がより妨げられていると、より重度の症状が現れます。

初期症状では皮膚や粘膜に炎症が現れますが、進行していくと下痢や精神異常、あるいは対称性光線過敏性皮膚炎が見られるようになります。ペラグラは皮膚炎が左右対照的に現れるのが特徴であり、臨床観察でもよく参考にされます。重度のペラグラは神経系にも影響して、記憶障害や認知症も有り得ます。また対称性光線過敏性皮膚炎とは、太陽光を浴びると首や顔に首飾り状の皮膚病変や蝶のような形状の病変が認められる特徴的な症状です。また手や太腿の辺りにも病変が見られる場合もあります。

ナイアシンの欠乏症の診断には、皮膚や口の粘膜、あるいは下痢や精神障害から臨床の場で行われます。対称性光線過敏性皮膚炎を除いては特異的な症状が見られないため、一見鑑別を確定するのは困難ですが、食事歴の偏りや病歴から判断されることもあります。

欠乏症が認められた場合、初期段階であれば食事療法で十分治療できます。しかし、重篤化している場合はニコチンアミドを一日3~4回経口摂取する必要があります。もし上記のような症状が見られたときは一度病院に行くことをお勧めいたします。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。