うつ改善に必要なナイアシンの摂取量 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

うつ改善に必要なナイアシンの摂取量

カテゴリー:

うつ病といえばカウンセリングなどの対処が有名ですが、実はナイアシンなど摂取量に気をつけて食事を改善するだけで、症状が回復することもあります。うつ病の内容と、その詳しい対処法について学んでいきましょう。

うつ病とは?

人は誰しも「なんだか気分が悪い」「考える気力が湧かない」ということがたまにはあるものです。もし「私はそんなこと一度もない」という方がいらっしゃる場合は、逆に躁病の可能性もありますので、注意が必要です。基本的には人のメンタルはうつ状態と躁状態の繰り返しになっています。
しかし、うつ病は「自分はダメだ」「何をしてもうまくいかない」といった強い自己否定感情が長期間続いている状態であり、良くありません。誰でも凹むことはありますが、自らとの問答や他人からの言葉や交流などで持ち直すことができるはずです。その詳しい方法について見ていきましょう。

うつ病を治すには

ストレスの緩和
現代のうつ病の多くは、仕事などのストレスや家事、育児のストレスなどから引き起こされています。もし可能であれば、これらの仕事を他の人に代わってもらったりするのがいいでしょう。軽度のうつ症状であれば、これで改善することも多いです。

投薬治療

一般的にはメンタル治療はカウンセリングで行われると考えられていますが、うつ状態が長期間続いていると脳内の神経伝達に障害が出ていることが多いため、投薬による治療を行う必要があります。
もっとも多いのはセロトニンの分泌を促す薬と、その受容体の働きを健全化する薬です。薬は病院に行ってもらうようにしましょう。また軽度であれば、抗うつ薬ではなく抗不安薬から始めましょう。
栄養療法

巷で最近話題なのが、食事の改善による栄養療法です。食生活を改めることで栄養バランスが改善され、体調が良くなるというわけです。一見うつなどのメンタル系症状は、精神衛生によって引き起こされると思われがちですが、神経系の健康に必要な栄養素の欠乏によっても起こるものです。
そこで今回取り上げるのがナイアシンによる栄養療法です。ナイアシンは、セロトニンの生成に関わるため摂取することでうつ症状を軽快すると言われています。投薬治療の中にもセロトニンの分泌を健全化するものが多いので、これに通じるところはあると思われます。ただし、栄養療法はもともと欠乏している栄養素を摂取した結果、症状が軽快したというパターンが多いように見受けられますので、最初から食生活がバランス良く整っている場合は効果が薄いと思います。
ナイアシンの一日の目安摂取量は150~200mgほどとされており、通常の食事からでも十分な量を摂取できます。しかし、栄養バランスが乱れがちな場合はサプリメントなどで補う必要がありますので、それを利用すると良いでしょう。もっとも、サプリメントで急激にナイアシンを摂取するとナイアシンフラッシュが起こる場合がありますので、注意が必要です。

参考記事:『ナイアシンフラッシュの効果についての考察』

他にもカルシウムなど多くの栄養療法がありますが、これらも同様だと思われますので、その点にご注意ください。

見落としがちなこと

これまで一通りの対処法についてご説明いたしましたが、見落としがちなのは「本人に治したいという意思があるかどうか」です。自分からカウンセリングやメンタルクリニックに来院する場合はいいですが、周囲に言われて仕方なくという場合は注意が必要です。特に最近では「親がうるさいから仕方なく」というパターンも多いです。親御さんからしたら、自分のお子様が凹んでいるのは見ていられないでしょうが、本人からするとストレスかもしれませんので繊細な対応をすると良いと思います。

関連記事:『ナイアシンの効能と副作用』


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。