前立腺肥大はノコギリヤシで改善効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

前立腺肥大はノコギリヤシで改善効果

カテゴリー:

ノコギリヤシ

あまり聞きなれないノコギリヤシ、そんなノコギリヤシには男性特有の悩みに効果的とされ、昨今サプリメントとして人気を博しています。
頻尿や薄毛に効果があり、特に前立腺肥大症を改善するはたらきがあるとされていますが、それはなぜなのでしょうか。

前立腺肥大症とは

前立腺肥大症とは、その名の通り前立腺が肥大する病気です。
前立腺は男性にのみ存在する生殖器の一つで、前立腺液という精液の一部を作り出しており、精子に栄養を供給し、育てる役割を担っています。
前立腺が肥大する最大の要因は、加齢です。
加齢によって肥大することは決して珍しいことではなく、30代から始まって50代では60%、70代では70%もの人が前立腺が肥大していると考えられています。
しかし、その中で排尿症状や蓄尿症状を伴ったりして生活に影響が出る人の割合は、1/4であるとされています。
前立腺肥大症になると排尿関係に障害が出てくる理由は、前立腺の存在する位置にあります。
前立腺は尿道を取り囲むようにしてあるので、肥大することで圧迫され、尿が少量ずつしか出なくなったり、残尿感を感じたりするのです。
ノコギリヤシが頻尿に効くというのは、つまりは前立腺肥大を改善して、尿道への圧迫を小さくするという意味です。

ノコギリヤシによる人体への作用

ノコギリヤシは北米から中南米に自生するヤシ科の植物で、ネイティブアメリカンには昔から精力強壮や健康維持に使用されてきました。
これに注目したヨーロッパの人々によって研究がすすめられ、現代では前立腺肥大を予防・改善する効果があるとして、男性を中心に摂取されています。
このようにしてノコギリヤシが用いられる理由は、男性ホルモンに影響を与えるからです。
男性ホルモンのほとんどを占めるテストステロンは、5αリダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロンに変換されます。
ノコギリヤシは5αリダクターゼを抑制するはたらきを持ち、結果ジヒドロテストステロンも抑制されます。
前立腺が肥大する原因は、このジヒドロテストステロンにあるとされていますので、これを抑制することによって、肥大が抑えられるのです。
また、ノコギリヤシはテストステロン自体を抑えるものではありませんので、精力は減退せず、むしろ精力向上につながると考えられています。
この点から、男性の不妊治療への効果も期待されます。

更年期

まとめ

ノコギリヤシは前立腺肥大の原因とされるジヒドロテストステロンを抑制する効能があるために、前立腺肥大症を改善する効果があるというのが定説です。
これに伴って、頻尿や残尿感などの泌尿器系の症状も緩和されることになります。
また、テストステロンの量が維持されることで、精力が回復すると考えられています。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。