混同されがちな核酸とDNAの違いについて | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

混同されがちな核酸とDNAの違いについて

カテゴリー:

核酸DNA。どちらも一度は耳にしたことはあると思いますが、どういうものか詳しくご存知の方は少ないのではないのでしょうか?生命の根源に関わる核酸DNAについて、その違いに焦点を当てながらご紹介していきます。

核酸はDNAとRNAの総称

一言でいえばDNA+RNA=核酸です。

どういうことかというと、核酸はDNA(deoxyribo nucleic acid、デオキシリボ核酸)RNA(ribo nucleic acid、リボ核酸)が合わさった鎖状の物質です。

DNAは細胞にある核に存在しており、遺伝子の本体部分となっています。一方、RNAはDNAの保有する遺伝情報に基づいて体を形成していく働きを持っています。

核酸は私たち人間に欠かせない存在なのです。私たちの体は約60兆個もの細胞でできていますが、そのひとつひとつに核酸は含まれています。

DNAの構造

DNAは遺伝子の本体として働いていると述べましたが、DNAは二重のらせん構造をしており、それを構成しているATCGの4種類の塩基の並びかたによって、どのようなたんぱく質をどこでどのくらいの量つくるのかという情報、つまり体の設計図を作って、それぞれの生物の性質を決定しているのです。

染色体とDNA

DNAは細胞の核の中で、ヒストンという小さな糸巻き状のタンパク質に巻き付いて、染色体へと凝集されています。

この染色体は一つの細胞の中に、母方由来の物と父方由来のものがそれぞれ23本ずつ、対になって存在しています。この23本のうち1本が性染色体で、X染色体とY染色体とがあり、人間の場合XXで女性に、XYで男性になるように性別が決まります。

 

DNAはなぜ染色体の構造をとっているのか?

ではなぜ、DNAはこのような染色体という形をわざわざとっているのでしょうか?

それはこの構造をとることによって破壊されにくくなるからだと言われています。

人の設計図であるDNAが破壊されることで様々な障害が引き起こされます。細胞が分裂するときに遺伝情報が正しく伝えられなくなると、ガンなど身体に大きな支障をもたらします。

未知の世界ノンコーディング領域

人の塩基配列は30億パターン以上存在すると言われています。しかし、遺伝に関する情報を持っているのはわずか2%であるとされています。

この2%以外の部分はノンコーティング領域といわれていて、今までは意味を持たないものと考えられていました。しかし最近の研究で、このノンコーティング領域にも生命活動に必須の情報が含まれている可能性があるとわかってきたのです。

遺伝子は染色体上の決まった位置にありますが、染色体の全体にわたってどこに何の遺伝子があるのかを研究するゲノムプロジェクトという計画も存在します。

DNAの役割

細胞は生命の最小単位であり、細胞の分裂によって生命は保たれています。この分裂の際に元々の細胞から新しい細胞に情報が伝達されるために必要になるのがDNAの複製なのです。

DNAの複製にはヌクレオチドという物質が必要とされます。体の中では子のヌクレオチドという物質を2つの合成経路によって作っており、核の中には大量にヌクレオチドが存在しています。

しかしこの量は加齢とともに低下することがわかっていて、それらが老化と関係しているのではないかと言われています。

私たちの体には、30億もある塩基の配列を間違いなく正しく複製するために、複製の際に間違った配列を除去したり、正しく修正する機能をもったDNA修復機構も存在しています。

少しずつではありますが、昔に比べると、DNA鑑定やクローン技術も目覚ましく発展してきました。近い将来、このヌクレオチドの減少を食い止める薬などが開発されれば不老不死も夢の話ではなくなるのかもしれませんね。

関連記事:『核酸に分類されるDNAとRNA』

 

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。