リンとは?リンは核酸(DNA・RNA)の構成成分であり健康的な骨や歯を作る | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

リンとは?リンは核酸(DNA・RNA)の構成成分であり健康的な骨や歯を作る

カテゴリー:

リン酸塩

リン“や”リン酸塩“という名前は聞いたことがあると思いますが、どのような成分であるか知っていますか?リンは、カルシウムに続いて、体内に2番目に多く含まれるミネラルです。わたしたちの体は、老廃物のフィルタリングや、細胞や組織の修復の為にリンが必要です。今日は、核酸の構成成分としても知られるリンが、どのような成分で、どのような働きをするのかについてお話します。

体内に含まれるリン

 

殆どの人は、体の正常な機能の為に必要なリンを、普段の食事を通して摂取できています。実際、リンの濃度は不足するより、超過することの方が多いと言われています。腎臓病やリンの過剰摂取、そして不十分なカルシウムの濃度は、リンの超過に繋がります。しかし、糖尿病やアルコール依存症のような特定の健康状態や、制酸剤のような薬により、体内のリンが低くなりすぎる場合があります。リンの濃度が高すぎるか、低すぎる場合、心臓病、関節痛、疲労などの症状を引き起こす原因になります。

 

リンはどのような働きをするのか

 

わたしたちは骨の強さや健康の維持、エネルギー生産のサポート、筋肉を動かす為にリンが必要です。リンは、骨を作るのを助ける為にカルシウムと共に働きます。骨の健康の為に、わたしたちは適切な量のカルシウムとリンが必要です。また、核酸や細胞膜において、リンは重要な構造的役割を果たし、体のエネルギー生産にも関与しています。

 

リンの働き一覧

 

●強い骨や歯を作る

●腎臓の老廃物をろ過する

●体がエネルギーをどのように保存し使用するのかを管理する

●組織や細胞の成長、維持、修復

●核酸であるDNAやRNAを生産

ビタミンBビタミンDヨウ素マグネシウム亜鉛のバランスや使用の調整

●筋収縮を助ける

●正常心拍の維持

●神経伝導の促進

●運動後の筋肉痛の減少

 

リンを含む食品

 

リンは殆どの食品に含まれています。タンパク質が豊富な肉、魚、牛乳、乳製品、卵、ナッツ、種子、豆類はリンの良い供給源です。カルシウムやタンパク質が十分に含まれる食事を摂っている場合、リンも十分に摂取できていると考えられます。これは、カルシウムの含有量が高い多くの食品は、リンの含有量も高い為です。また、非タンパク質性の食品では、にんにく、ジャガイモ、ドライフルーツ、炭酸飲料にもリンが含まれています。炭酸飲料は、炭酸を作る為にリン酸が使用されています。

 

リン酸塩

 

リンの1日の推奨所要量は?

 

1日に必要なリンの量は、年齢によって異なります。

 

19歳以上:700mg

9~18歳:1250mg

4~8歳:500mg

1~3歳:460mg

7~12か月:275mg

0~6か月:100mg

 

リンは9~18歳の時期に最も多く必要になるようです。多くの人は、リンの推奨所要量を普段の食事からとれている為、サプリメントによる補給が必要な人は殆どいません。

 

まとめ

 

リンは健康な骨の維持や、DNAやRNAの生産の為に使用される重要な物質です。普段の食事で十分に摂取できるようですが、特定の健康状態の人は、リンが不足する場合があるようです。次回は、リンの濃度が高すぎるときに起こる高リン血症、低すぎるときに起こる低リン血症の症状ついてお話します。

 

関連記事:過剰なリン、リン酸塩が原因でおこる高リン血症はカルシウム濃度を減少させる?

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。