ヌクレオチドとは?核酸(DNA、RNA)はヌクレオチドでできている | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ヌクレオチドとは?核酸(DNA、RNA)はヌクレオチドでできている

カテゴリー:

ヌクレオチド

ヌクレオチドは人間の身体の殆ど全ての生物学的プロセスの為に必要な生体分子で、核酸DNARNAを作る構成要素としてよく知られています。ヌクレオチドは体の生理的構造や機能にとって重要で、体内で新しく生成されますが、サルベージメカニズムにより有効に再利用されます。また食事やサプリメントでも摂取できます。ヌクレオチドの摂取は、最適な機能が必要な、急速に増殖する細胞において明白な役割を務めます。よって、成長や発達、損傷からの回復、感染症、特定の病気を含む生理的ストレスがある場合、食事やサプリメントによるヌクレオチドの摂取が重要です。

ヌクレオシドの主な役割とは?

 

● 核酸の前駆体

● エネルギー代謝

● 活性化中間体

● 生理的媒介物

● アロステリック調節

● 細胞アゴニスト

● 補酵素の構成要素

 

ヌクレオシドは核酸の前駆体であり、DNAとRNAのモノマー単位で、遺伝子情報の保存や伝達、細胞分裂、タンパク質合成において重要な役割を果たします。また、ヌクレオチドとそれらの誘導体はエネルギー代謝、酵素調節、シグナル伝達、補酵素の構成要素など多様な役割を果たしています。

 

核酸の構成要素であるヌクレオチドの供給源

 

体内でのヌクレオチドの合成は主要な供給源ですが、ヌクレオチドは核タンパク質の形で全ての動物性食品及び植物性食品に自然に含まれています。核タンパク質とは核酸(DNAもしくはRNA)に結合したタンパク質を示します。食物の中のRNAとDNAの濃度は細胞密度に依存しています。つまり、肉、魚、種は牛乳、卵、果物に比べてヌクレオチドの含有量が高いということです。よって、内臓肉、新鮮な魚介類、乾燥豆はヌクレオチドが豊富に含まれています。あるデータによると、RNAの合計含有量は内臓肉が50~400mg/100gで、魚介類が80~350mg/100g、豆類が140~490mg/100gであるということです。健康的な人の1日の食事には、ヌクレオチドが約1~2g含まれていると考えられます。

 

核酸

 

ヌクレオチドの消化と吸収

 

核タンパク質 ルーメン(内腔) 腸細胞
↓タンパク質分解酵素
核酸
↓ホスホジエステラーゼ
ヌクレオチド →→→→→→ ヌクレオチド
↓アルカリホスファターゼ
ヌクレオシド →→→→→→ ヌクレオシド
↓ヌクレオシターゼ
プリンとピリミジン →→→→→→ 塩基

 

ヌクレオチドは初めに食事でタンパク質として摂取され、タンパク質分解酵素により腸管で核酸に変換されます。そして、ホスホジエステラーゼがヌクレオチドへの分解を促進します。そして、それはルーメンでアルカリホスファターゼによってヌクレオシドに加水分解されます。ヌクレオシドは腸細胞での吸収で好ましい形ですが、ヌクレオシターゼによって更にプリンとピリミジンに分解されます。

 

まとめ

 

ヌクレオチドは人間の生物学的プロセスにおいて重要な役割を果たします。肉、魚、豆類に含まれる核タンパク質を摂ることで、体内でヌクレオチドに分解されます。病気などで体が弱っているときは体内での合成が制限されますので、食物や核酸のサプリメントで、体内にヌクレオチドを補いましょう。

 

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。