核酸のサプリメントは痛風の原因となる!? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

核酸のサプリメントは痛風の原因となる!?

カテゴリー:

人の身体は日々代謝を繰り返して生まれ変わっています。その過程において欠かせないのが細胞分裂であり、核酸はそれを支える重要な物質となっています。今回は核酸サプリメントによく配合されているプリン体と痛風の関係についてご紹介していきます。

核酸とは

細胞が分裂するときは核が二つに分かれます。その核の中にある酸性の物質が核酸とよばれるものです。

その核の中にある核酸は二種類に大別され、デオキシリボ核酸といわれるDNAとリボ核酸とよばれるRNAがあります。

遺伝子の本体であるDNAは世代をつなぐ遺伝子の情報を細胞から細胞へと伝えています。DNAは人の体をつくる設計図のようなもので、見た目や性格などをつかさどっています。これに基づいてRNAはたんぱく質の合成を行っていき、体を作り上げる元の材料であるたんぱく質をDNAという設計図を見ながら、その通りに作っているのです。

プリン体とは

細胞の中にある細胞の核を成す物質、それが文字通りの核酸なわけですが、その主成分はビールなどにも含まれいて有名なプリン体です。

太りやすくなるだとか、悪く言われやすいプリン体ですが、実はプリン体は筋肉が使われるときにエネルギーを供給してくれる非常に重要な存在なのです。

ビール=プリン体という印象が強くありますが、そこには誤解もあります。実はビールや食べ物などから吸収されたプリン体の割合は2割しかなく、残りの8割は体内で作られているのです。

実はプリン体は旨味の成分でもあるので、だいたいおいしいものにはプリン体が含まれていることが多いです。食材でいうと、レバーや白子、エビ、イワシ、カツオなどがその例として挙げられます。どれも独特の旨味がある食材で納得です。

痛風とは

さて、核酸の主成分であるプリン体についていろいろな誤解があることを説明しましたが、プリン体といえばもうひとつ思い浮かぶのが痛風です。

痛風というのは体のなかにたまった尿酸がかたまりとなって激しい関節の痛みを伴う症状がでます。最近では、医学の進歩により治療を受ければ、日常生活にそこまでの支障なく暮らせるようになってきていますが、ただ関節が痛いだけ、たいした病気ではないだろうと放置してしまっているとさらに痛みは激しくなり、体中に結節ができたり、腎臓にまで悪影響を及ぼしかねない、非常に注意しておかなければならない病気でもあります。

痛風にプリン体が良くない理由とは

この核酸の中にはプリン体とよばれるものが入っていてそのプリン体は痛風と密接な関係があるといわれています。

プリン体がなぜ痛風と関係があるのかといえば、プリン体が痛風を悪化させてしまうからです。プリン体は尿酸値を高めてしまうのです。

食事から吸収されたり、体内で作られたプリン体は肝臓に集められた後尿酸へと変化します。

あまりに増えすぎてしまった尿酸は、尿に溶けることなく、結晶化してしまい、通常のように尿に溶けて体外へ出ていくことができなくなってしますのです。

異物とみなされた結晶は体内での免疫活動の排除対象とされ、白血球などから激しい攻撃を受けます。この攻撃によって激しい痛みを感じ、痛風発作を引き起こしてしますのです。

じゃあ、ビールやほかのプリン体が多く含まれる食事を控えればいいのかといった問題ですが、それは間違いです。

プリン体は実際にビールには、日本酒の5倍、ワインの15倍もの量が含まれているのでビールを控えることもたしかに一つの方法ではあります。ですが、いからプリン体が少ない食事だからといっても、体の中に入れば代謝活動によりどうしても尿酸値を高めてしまうことは食い止められません。

ことアルコールに関してはアルコール自体にそういった尿酸値を高める働きがあるため、いくらプリン体が少ないワインだからなどといっても油断ができないということは忘れないようにしておきましょう。

関連記事:『核酸サプリメントの副作用について』


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。