DNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)の構造、働きなど違いまとめ | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

DNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)の構造、働きなど違いまとめ

カテゴリー:

皆さんはDNA(デオキシリボ核酸)RNA(リボ核酸)がどのような構造をしており、どのような働きをするのかご存知でしょうか。DNAとRNAはしばしば混同されやすく、どのような違いがあるのかについてはよく知らない方が多いと思います。この2つの核酸は両方、ヌクレオチドから作られており、タンパク質生成やその他の細胞に関する役割を果たします。今日は、DNAとRNAにどのような違いがあるのかについてお話します。

DNAとRNAの構造や働きの違い

 

① 機能

DNAは遺伝情報を長期記憶し、その他の細胞や新しい生物を作る為に遺伝情報を送達します。RNAはタンパク質を作るために遺伝コードを核からリボソームへ転写するのに用いられます。RNAは、いくつかの生物では遺伝情報を送達するのに用いられて、原始的生物の身体には、遺伝子の青写真を保存する分子がある可能性があります。

 

② 構造的特徴

DNAは二本鎖分子で、非常に長いヌクレオチドの長鎖から成り、RNAは一般的に一本鎖らせんで、比較的短い長鎖から成ります。

 

③ 塩基と糖の成分

DNAのヌクレオチドは窒素塩基:アデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)、デオキシリボース糖、リン酸基で構成されており、RNAのヌクレオチドは、窒素塩基:アデニン(A)、ウラシル(U)、グアニン(G)、シトシン(C)、リボース糖、リン酸基で構成されています。

 

④ 塩基のペア

DNA: AとT、GとC

RNA: AとU、GとC

RNAはチミンを含みません。ウラシルは光を吸収できるメチル化されていないチミンの形です。

 

⑤ 紫外線によるダメージ

DNAは紫外線のダメージに弱く、RNAはDNAに比べ紫外線のダメージに耐性があります。

 

⑥ 種類

DNAには種類はありませんが、RNAはメッセンジャーRNA(mRNA)、トランスファーRNA(tRNA)、リボソームRNA (rRNA)を含む複数の種類があります。RNAは、遺伝子のコーディング、デコーディング、調節、発現のような多くの機能を実行します。

 

⑦ 存在する場所

DNAは、細胞核のみに存在していますが、RNAは、人間の細胞の核と細胞質に存在します。人間の細胞の重さの約5%はRNAで、細胞のたった1%がDNAから成ります。

 

⑧ 反応性

DNAのC-H結合(炭素-水素結合)はDNAをかなり安定させ、DNAを攻撃する酵素を破壊します。らせんの小さな溝も、酵素が付着する小さなスペース与えることで、保護として用いられます。DNAに比べ、RNAのリボースのO-H結合(酸素-水素結合)は、分子をより反応性の高いものにします。RNAはアルカリ性の条件下で安定できず、分子の大きな溝により、酵素の攻撃に影響されやすくなります。RNAは、絶えず生産され、使用され、分解して、リサイクルされます。

 

核酸

 

まとめ

 

DNAとRNAの構造や特徴の違いについてまとめましたがお分かりいただけましたでしょうか。DNAとRNAは間違われやすいですが、働きは異なり、それぞれがわたしたちの細胞を良好に維持する為に、重要な役割を果たしているのです。

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。