双極性障害、躁うつ病に効果のある食品や栄養成分①:全粒穀物、DHA・EPA、セレン等 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

双極性障害、躁うつ病に効果のある食品や栄養成分①:全粒穀物、DHA・EPA、セレン等

カテゴリー:

玄米

双極性障害とは、躁状態として知られる気分が異常に高揚している状態と、うつ状態として知られる気分が落ち込んだ状態が周期的に交代し繰り返される精神疾患です。気分の変動は、気分安定薬やセラピーにより落ち着かせることができます。また、食事を少し変えることも、躁病エピソード、うつ病エピソードの管理に役立つと言われています。今日は、躁病、うつ病の気分の状態の緩和に役立つ全粒穀物、DHA・EPA、セレン、ハーブティー、ダークチョコについてお話します。

躁病、うつ病の管理に役立つ食品や栄養成分

 

全粒穀物(ホールグレイン)

 

全粒穀物は、心臓や消化器系の健康に良いだけでなく、わたしたちの精神状態を落ち着かせる効果があります。炭水化物は、脳のセロトニンの分泌を促進すると言われています。セロトニンは、気分を良くする物質として知られており、わたしたちが、不安を和らげたり、感情をコントロールするのに役立ちます。ですので、神経質になっているときや、精神的に打ちのめされたときなどは、玄米、全粒穀物のクラッカー・パン・パスタを食べることで気分が改善するかもしれません。

 

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)

 

オメガ3脂肪酸であるドコサヘキサエン酸(DHA)及びエイコサペンタエン酸(EPA)は、わたしたちの脳の為の重要な役割を果たします。DHA・EPAは、神経細胞に欠かせない要素で、神経細胞間のシグナル伝達を容易にします。研究者は、オメガ3脂肪酸が躁うつ病や、その他の精神疾患の治療に役立つのかについての調査を続けています。これまでに行われた調査で、気分安定薬としてオメガ3脂肪酸を補うことは、うつ病の症状の改善をサポートすることは示されていますが、躁病への効果は示されていません。オメガ3脂肪酸は、脳だけでなく、心臓の健康にも良いとされています。DHA・EPAは、サケ、マグロ、サバ、ニシン、マス、イワシなどの冷水魚や、亜麻仁油、卵に多く含まれます。

 

セレンが豊富な食品

 

マグロやイワシは、DHA・EPAだけでなく、脳の健康に必要なセレンが豊富な魚でもあります。これまでの研究は、セレンが気分の安定を助けること明らかにしています。セレンの欠乏は、鬱や不安に関係しています。大人は、1日あたり最低55μgのセレンが必要です。セレンは、ブラジルナッツ、マグロ、イワシ、ハム、海老、ステーキ、七面鳥、牛レバーなどの食品から摂ることができます。

 

ハーブティー

 

ハーブティー

 

カモミールは、何世紀もの間、胃のむかつき、不安、不眠を改善する為の民間療法として使用されてきました。予備調査は、カモミールエキスが鬱と不安を和らげることを示唆しています。不安や憂鬱な気持ちを抱えている人は、気持ちを落ち着かせる為にも、温かいカモミールティーを試してみてはいかがでしょうか。

 

ダークチョコ

 

チョコレートは、幸福を与える食べ物と言われていますが、特に、ダークチョコは気分を落ち着かせるのに役立ちます。1日1、2欠片のチョコレートを食べることで、ストレスを緩和できるかもしれません。

 

 

まとめ

 

今日は、双極性障害の症状の緩和に役立つ、全粒穀物、DHA・EPA、セレン、ハーブティー、ダークチョコについてお話しました。次回は、躁病、うつ病の症状の緩和に役立つプロバイオティクス、ナッツ、豆類と、双極性障害の人が避けるべき食品についてお話します。

 

関連記事:双極性障害、躁うつ病に効果のある食品や栄養成分②:プロバイオティクス、ナッツ、豆類

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。