青汁にも使われる大麦若葉の健康効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

青汁にも使われる大麦若葉の健康効果

カテゴリー:

大麦若葉青汁やお茶などの飲み物に使われる健康に良い植物です。その豊富な栄養素から多くの健康効果を発揮しますので、それらについて知っておき上手に使いましょう。

大麦若葉の健康に良い効果

老化の原因となる活性酸素を除去する

現代では活性酸素が健康の害になっていると多くの方から指摘されています。活性酸素とは、適量であれば全身にエネルギーをめぐらせる成分ですが、それが過剰に供給されると細胞や血管を傷つけたり、炎症や老化の原因となる厄介なものなのです。

大麦若葉に含まれるSOD酵素は、その活性酸素を体内から除去させて健康を維持する効果があります。活性酸素が少なくなることで、細胞や組織へのダメージがなくなり、代謝や免疫系が健康に保たれるのです。さらにグルコシルイソビテキシンというフラボノイドにも活性酸素の排出を促す効果があり、身体を若々しく保つよう働きかけてくれるのです。

デトックス効果も

大麦若葉にはクロロフィルという成分が含まれており、有害物質を排出させる働きがあります。現代では加工食品の食品添加物など害となるおそれのある物質を無自覚に体内に入れてしまう機会が多く、デトックスが必要となっています。加工食品には防腐剤やph調整剤など多くの食品添加物が使われています。またコンビニの弁当やパンにはかなりの添加物が入っています。成分表示を確認してみると、分かりやすいです。

有害物質が体内に溜まっていくと、なんだかイライラしやすくなったり臓器や脳の働きに影響が出てくる危険性が指摘されています。クロロフィルや食物繊維は、こういった害となる物質を出して、身体の健康を保つよう働きかけてくれるのです。

特に成長期の方には大事ですので、お子様がいれば積極的にデトックスさせたり有害物質を取らせないよう意識すると良いでしょう。

摂り過ぎには注意!

大麦若葉は医薬品ではなく健康食品であるため、過剰摂取や副作用の心配はないとされています。しかし、麦にアレルギーにある方やお子様には注意が必要です。

麦アレルギーの方は大麦若葉に対してもアレルギーを示すこともありますので、基本的には避けておきましょう。それを使った健康食品や青汁を飲むのも同様です。またお子様が初めて大麦若葉を口にするときも、アレルギーを起こす可能性もありますので少量から試していきましょう。

【健康豆知識】どうしてアレルギーが起こるのか?

アレルギーやアトピーは「現代病」だと言われています。それは、これらの症状は産業が発達し始めた1950年ごろから急に現れだしたものであり、それ以前にはほとんど確認されていないからです。

その原因はまだはっきりとしていませんが、有力な説としては産業廃棄物による大気や水の汚染が挙げられます。廃棄物は直接人の身体に入るわけではありませんが、空気の汚れが肺から侵入してきたり、川や海に流れ込んだゴミが魚の中に入っていき徐々に蓄積された有害物質が食事から人の体内へと入っていきます。それらの化学的な廃棄物が身体の中に溜まっていき、アレルギーなどの形で現れているとされています。

そのため、アレルギーを予防するのはかなり難しいと考えられます。一切の食事から魚など廃棄物の蓄積の疑いがある食べ物を除くのは困難に過ぎます。さらに言うなら、肉類やキノコなど山の幸にもその疑いはあります。期限切れのコンビニ弁当は家畜のエサにされていますし、山の土壌にも化学的有毒成分が微量ながら蓄積しています。空気も排気ガスや工場から出る煙が混じっています。

現実的にはアレルギーの原因を断絶するよりも、デトックスで有害成分の排出を促すのが良いと思われます。出来る限り原因を排除しつつ、デトックスを行うことができればかなりマシになるでしょう。デトックス効果のある栄養素をとるだけでなく、半身浴など汗を適度にかくようにすればだいぶ排出されやすくなります。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。