大麦若葉の効果と効能 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

大麦若葉の効果と効能

昔から使われている健康食品である大麦若葉には、健康に良い多くの効果効能があります。それらを知ることでより上手く使えますので、詳しく見ていきましょう。

大麦若葉の効能

ダイエット効果

大麦若葉はチトクローム酸化酵素という酵素を活性化させることで脂肪の燃焼を促すという独特のダイエット効果があります。チトクローム酸化酵素とは人体の褐色細胞に存在して代謝を促すなどの役割があります。しかし、加齢によって酵素が反応しづらくなったり褐色細胞自体の数が減少してその働きが失われていきます。そこで大麦若葉に含まれるビタミンなどの栄養素が酵素を活性化させて、痩せやすい体をつくるなど健康的な体を作るというわけです。

歯や骨を丈夫にする

骨を強くするカルシウムといえば牛乳ですが、大麦若葉にもカルシウムが豊富に服編まれています。歯や骨を丈夫にするだけでなく、植物性であるため牛乳の持つカルシウムとは若干作用が異なるとも言われており、イライラの解消効果などに特化していると考えられています。

また血流を改善して代謝を促進する効果もあり、肩こりやむくみを治して、女性に多い冷え性を解消するのにも役立ちます。

貧血にも役立つ

鉄分が多く含まれているのも特徴です。鉄分は通常牛肉など動物性食品に多く入っていますが、大麦若葉は植物には珍しく豊富な鉄分を含んでいます。また亜鉛も入っているため、鉄分と合わせてより効率的に貧血の解消に使いやすい食品となっています。

大麦若葉と比較される健康食品―ケール―

ケールとはアブラナ科に属する植物であり、大麦若葉と比べられることが多い健康食品です。大麦若葉はイネ科であり、本来大きく異なる植物ですが、含まれている栄養素が酷似しています。ビタミンC葉酸食物繊維などかなり多くの成分が共通しています。

しかし、大麦若葉がケールと比較されるようになった由来は「青汁」にあると考えられています。日本で青汁が販売されるようになったとき、ケールが主な原料として使われていました。この青汁はいかにもハーブ臭が強く、独特の苦みを苦手とする方も多かったです。もっともその苦味が健康によさそうと愛飲する方もいましたが。

近年売られている青汁は大麦若葉が入っているものがほとんどです。抹茶のような風味を持つことからすっと飲める青汁として人気を博しています。これらの変遷を経て、大麦若葉がケールと比べられるようになったと言われています。

お子様も飲めます

健康食品は割と多くのものが腸が発達しきっていない幼少期には食べられませんが、大麦若葉はお子様でも使うことができる数少ない健康食品です。離乳食でも食べられます。ただしあまり量が多すぎるとお腹を下してしまいかねませんので、まずは少量から始めましょう。濃度にもよりますが、だいたい100~200ccくらいが目安です。健康食品を初めて使うときは自分に合った量を見極めるために、少ない量から使うのがお勧めです。

お子様は食べられないものが多いので、食事には注意が必要です。大麦若葉のような自然食品であれば食べやすいですが、量や体質によっては合わないこともありますので気を付けましょう。

ワーファリンを服用している方は要注意

大麦若葉には血液の凝固を促進するビタミンKが入っていますので、それを予防するワーファリンを服用している方は基本使わないようにしましょう。もし使いたいときでも医師などの専門家に相談してください。

薬を使用している場合は、健康食品の作用と拮抗する場合がありますので必ず使っていいかどうか確認しましょう。また働きが合致する場合でも他の要素から相反する可能性もありますので、どんな場合でも専門家に相談しましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。