オーガニックな暮らし:食品添加物の基礎知識② | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

オーガニックな暮らし:食品添加物の基礎知識②

カテゴリー:

食品添加物

オーガニック暮らしに大切なのが、有害な食品をできるだけ避けるということです。そのためには、食品添加物に敏感になることが大切です。今回はオーガニック暮らしのヒントとして、食品添加物基礎知識についてお話します。

オーガニックな暮らし:食品添加物の基礎知識②

食品添加物の基準

現在日本では、安全性を確保するために、指定されている添加物以外は使用できません。しかし、それは日本国内で生産されたものに限ってのことですので、海外で生産された食品には日本で禁止されている添加物が含まれていることがあります。添加物に関する法律は各国まちまちなので、輸入食品には日本では禁止されている添加物が、許可されていることがあります。

食品添加物表示の免除

基本的には、食品添加物は全て表示することが食品衛生法により義務付けられていますが、なかには表示が免除されるものもあります。それには次のような理由があります。

一つ目は、加工助剤です。加工助剤は、加工過程で使用される添加物です。ほとんどは加工途中で除去されて後に残りません。

二つ目は、キャリーオーバーです。キャリーオーバーは、原料中に含まれる添加物です。しかし製品には微量しか含まれておらず、その影響はほとんどないと考えられます。おせんべいに含まれる醤油の添加物などがあります。

三つ目は、栄養強化剤です。栄養強化剤は、食品の主要成分であり、諸外国では食品添加物として見なされている国もありますが、FAO(国連食糧納涼機構)やWHO(世界保健機構)では食品添加物として見なしていません。

四つ目は、小包装食品です。小包装食品は表示面積が狭くて表示ができません。

五つ目は、ばら売り食品です。ばら売り食品は、包装されていないので表示できません

添加物表示で気をつけること

近年、数多くの加工食品が出回っていて、ほぼ全ての加工食品に多少なりの食品添加物は含まれています。一つ一つの食品は、それぞれの規制内の量であっても1日たくさんの種類の加工食品を口にすれば、必然的にその量は加算されていきます。そのため、減らせるところはできるだけ減らす努力をしないと将来なんらかの副作用が出ないとも限りません。できるだけ添加物の食品を選んでいくことが大切です。

最近では、多くの食品は添加物をできるだけ抑えて作られています。これらの食品は賞味期限が短い、味が調整されていない、見た目が悪い、価格が高いなどのデメリットもありますが、健康への影響を考えると十分な価値があります。

まとめ

このようにオーガニックな暮らしをするには、まずは体に有害なものを避けることが大切です。食品選びの際は、常に食品添加物に気をつけて、できるだけ体に良い食品を選ぶようにしましょう。

オーガニック

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る