ギフトにも最適!オーガニックダークチョコレートの健康効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ギフトにも最適!オーガニックダークチョコレートの健康効果

チョコレート

近年、オーガニック原料を使用して作られた品質の高いオーガニックチョコレートの人気が上昇しています。今日は、健康意識の高い方へのギフトとしても喜ばれるオーガニックダークチョコレートの健康効果についてお話します。

普通のチョコレートとオーガニックチョコレートの違い

 

商業上の利益を目的としたカカオ農園では、病害虫によるココア豆の被害を避ける為に、農薬や合成肥料が使用されており、普通のチョコレートは通常これらのカカオ豆から作られています。一方、オーガニックチョコレートは、合成肥料、除草剤、農薬を使わずに栽培されたカカオ豆から作られています。そして、真のオーガニックチョコレートは、カカオ豆だけでなく、チョコレートに含まれる糖分、牛乳、ナッツ、果物、スパイスなど、全ての成分がオーガニックでなくてはなりません。農薬を使用せずにカカオ豆を作る場合、病害虫により作物が全滅する場合もあります。このような難しい状況で作物を生産するカカオ農園では、病害虫から作物を守り維持する為に、相当の努力が必要です。そういうわけで、オーガニックチョコレートは普通のチョコレートに比べ高価な傾向があります。また、農薬を使用しないオーガニック農法は、植物、水、土壌など農園の周りの環境を守ります。

このように化学農薬の悪影響のないオーガニック農法から生み出されたダークチョコレートは、非常に高い酸化防止効果を持つと言われています。

 

高い酸化防止能を持つダークチョコレート

 

有名なチョコレート会社であるハーシー(Hershey)により行われ、”Chemistry Central Journal”に掲載された論文の中で、ダークチョコレート及びココアパウダーに含まれるフラバノール及びポリフェノールの含有量と抗酸化作用を、”スーパーフルーツ”と呼ばれ、酸化防止能及び健康効果が高いアサイー、クランベリー、ブルーベリー、ザクロと比較しています。

カカオ豆から作られるココアパウダー及びダークチョコレートには、フラバノールなどポリフェノール化合物が豊富に含まれると言われています。特に、ココアフラバノールは、一酸化窒素シンターゼの促進、血流や動脈の弾力性の改善、血圧と血小板凝集の減少、抗炎症作用など多くの健康効果に関係しています。

この実験で使用されたダークチョコレート、ココアパウダー、ココア飲料は全て、天然もしくはアルカリ化物質によって処理(ダッチプロセス)されていないものが使用されました。アルカリ処理は、健康なポリフェノール化合物を破壊することが示されている為、アルカリ処理が行われていないことは重要なポイントです。この実験の結果、ココアパウダーのフラバノール含有量は1gあたり30.1mgで、他のスーパーフルーツと比べ著しく高いことが分かりました。また、ダークチョコレートの酸化防止能は、ザクロを除く全てのスーパーフルーツより高いことが分かりました。1食当たりの総ポリフェノールもまた、ダークチョコレートが991.1mgで、ザクロジュース以外の全てのフルーツジュースより著しく高いことが明らかになりました。

 

オーガニックチョコレート

 

まとめ

 

ハーシーの研究で、天然のココアパウダー及びダークチョコレートのフラバノールの含有量、総ポリフェノール量、酸化防止能は多くのスーパーフルーツより高いことが分かりました。普通のチョコレートに比べると少し値段が高いですが、大切な人へのギフトや自分へのご褒美としてチョコを購入される方は、健康にも環境にも優しいオーガニックダークチョコレートを選んでみてはいかがでしょうか。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る