家庭で果物や野菜から簡単に作れるオーガニックな天然着色料 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

家庭で果物や野菜から簡単に作れるオーガニックな天然着色料

カテゴリー:

天然着色料

前回の記事では、天然着色料と合成着色料の違いや安全性についてお話しました。天然着色料は、食品、薬、化粧品に色をつけることができる天然資源由来の着色料を示します。今日は、一般的に使用される天然着色料はどのような物質から作られるのか、また、家庭で野菜果物から簡単に作れる天然着色料についてお話します。

食品に使用される天然着色料

 

天然着色料は、種子、果物、葉、昆虫、藻類から抽出されており、食品添加物として安全に使用できると言われています。これらは、天然物質の派生物から作られるので、石油から作られる合成着色料に比べ有害な副作用は少ないと考えられていますが、特定のアレルギーや不耐症を持つ人には有害反応を引き起こす可能性があります。

一般的に使用される天然着色料には、サフランウコン、ビーツ、赤キャベツパプリカほうれん草、カラメルなどがあり、人気の理由として入手のしやすいさが挙げられます。また、これらの天然着色料の需要の増加の背景には、黄色4号(タートラジン)など、合成着色料に関係する健康上の不安が大きいようです。オーガニック着色料として知られる天然着色料は、食品産業によって精製され、食品に加えられています。また、家庭で使用できるように、精製された状態でパッケージされて販売されています。これらの着色料は、ご家庭でも簡単に作ることができます。

 

天然着色料

 

家庭で簡単に作れる天然着色料

 

黄色やオレンジ

 

黄色やオレンジなどの明るい色は、ウコンの粉末を使って簡単に作ることができます。ウコンは強力な抗炎症特性を持つだけでなく、接触する全てのものを染めることが可能な素晴らしい天然染料になります。ティースプーン1/2杯のウコン粉末とカップ1/4の水をお鍋に入れ、3分間沸騰させ、冷ましてから使用しましょう。これは、ケーキ、イースターエッグ、砂糖衣などの着色に利用できます。

 

 

天然由来の緑の食品は、伝統的に作成がとても困難でした。ベストな選択肢は、ほうれん草と混ぜて調理し染めることです。近年では、ラン藻類から作られるスピルリナパウダーを調理に使うことができます。スピルリナパウダーは健康食品店や通販で購入ができます。しかし、これは少し土っぽいような味がするので、子供の為のデコレーションケーキ作りに使用する前に味を確認した方がいいかもしれません。

 

 

ブルーベリーの皮に含まれるアントシアニンは、青色ではなく、紫の染料になります。ブルーベリーは、栽培されたものではなく、果肉に対する皮の比率が高い野生のものを使うと良いでしょう。紫の染料を作る為に、解凍した野生のブルーベリー1カップとティースプーン2杯の水をミキサーに入れてピューレにします。果肉の小片を取り除きたい人は、細かい網目のふるいで漉しましょう。これは、ケーキのクリームや焼き菓子などにきれいなラベンダー色をつけるのに最適です。

 

ブルーベリー

 

まとめ

 

今日は、ご家庭でも簡単に作れる天然着色料についてお話ししました。野菜や果物から作られる染料は、お店で売られているものに比べると鮮やかさに欠けるかもしれませんが、天然由来の優しく、安全で、美味しい色なのでお子様も安心して食べることができます。クッキーやケーキなど、家でお菓子作りをされる方は、子供の健康の為に、天然着色料を使用することをおすすめします。

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。