春夏のスキンケアにおすすめの成分 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

春夏のスキンケアにおすすめの成分

カテゴリー:

春夏のスキンケア

春から夏へ向けて肌にもさまざまな影響が及ぶ季節です。季節の変化とともに徐々に温度があがると、肌も汗ばんできます。外に出れば強い紫外線や、室内では空調の影響で乾燥し、多くの変化を感じやすい季節です。そこで今回は、春夏のスキンケアおすすめの成分をご紹介します。

春夏のお肌におすすめの化粧品の成分

紫外線や温度変化の影響で肌はダメージを受けやすい季節です。紫外線対策や汗や皮脂が増えるので肌を清潔に保つケアなどが必要になります。次のような成分がおすすめです。

・ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの合成や、細胞間の組織を結合するのに有効な成分です。肌の保水や美白効果も高く、日焼けした肌を整え水分を補給するのにも有効です。抗酸化物質でもあるので、メラニン生成を抑制し、シミやそばかすを防ぎます。活性酸素を抑え、コラーゲンとエラスチンの生成を助けます。肌の皮脂の量をコントロールするので、夏場に汗をかいて肌がベタつくのを抑えます。ニキビ予防にも有効なので、肌にとっては万能の成分です。特に夏場は欠かせない成分ですので、ビタミンC入りの化粧水やスキンケア用品で外から、サプリメントや食品で内からも補いましょう。夏の日焼けによる乾燥を防ぐにはビタミンCが効果的です。

・コエンザイムQ10

コエンザイムQ10には、高い抗酸化作用があるので、アンチエイジングに良い成分として知られています。春夏のお肌は、紫外線の影響でダケージを受け、お疲れモードです。このような疲れたお肌にエネルギーを与え、良い状態に整えるのがコエンザイムQ10です。コエンザイムQ10には乾燥を防ぎ、シワを予防する効果があります。夏場は空調のきいた部屋で長時間過ごしがちで、肌が乾燥してシワができやすくなり、目じりの小ジワやちりめんジワができやすくなります。コエンザイムQ10 は、サプリメントとしてはもちろん化粧品に配合することも認められている成分です。

・ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、高い保湿成分があることでも知られています。保湿というと冬のイメージがありますが、実は夏も保湿がとても大切です。夏は、空調の影響で肌が乾燥しやすいのに、肌が汗ばむので保湿ケアが怠りがちになります。そこへ強い紫外線を受けるとすぐにシミやそばかすができます。夏に日焼けによるシミ、そばかすが増えるのはそれが原因です。このような夏の日焼けによるシミ、そばかすを防ぐには、ヒアルロン酸による肌の保湿が大切です。

・ラベンダー

ラベンダーには高い抗酸化作用があります。紫外線で受けた肌のダメージを回復し、肌を良い状態に保つのに有効です。ラベンダーは、肌の状態を整え、肌トラブルなどにも良い効果があります。抗炎症作用もあるので、ニキビケアにも有効です。虫よけや虫刺されなどにも活用できる夏にはもってこいの成分です。さっぱりとしたつけ心地なので、夏場にでも心地よく使用できます。香りも爽やかなので、アロマオイルなどとしてもご利用ください。

・リコラスルート(スペインカンゾウ)

リコラスルートは西洋では人気の成分です。アンチエイジング対策や美白効果に良い成分です。リコリスに含まれるフラボノイドは、日焼けでできたシミに効果があり、肌の色素沈着を防ぎます。抗酸化作用も高いので、メラニンの合成を防ぎ、シミができにくいお肌をつくります。リコリスには、グリチルリチン酸が含まれているので、ニキビケアにも良い成分です。敏感肌の方でも使えるお肌に優しい成分です。

春夏スキンケア

春夏のスキンケア

春夏は、紫外線、空調、汗、皮脂などの影響で肌がダメージを受けやすくなり、状態が崩れがちです。さらに湿度の高い季節なので、保水・保湿ケアがどうしても怠りがちになります。特に紫外線が最も強くなる夏本番に突入する前に、一足お先に日焼けによるシミ対策を始めましょう。

(文:宮本燈)


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。