自然派化粧品のすすめ:自然派シャンプーの選び方 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

自然派化粧品のすすめ:自然派シャンプーの選び方

カテゴリー:

自然派シャンプー

昨日、エシカルコンシューマーのすすめやノンシリコンシャンプーVSシリコンシャンプーについて触れましたので、今回はその続編として、実際に私が普段実践している自然派シャンプーの選び方についてご紹介したいと思います。

自然派シャンプーの選び方

シャンプーの購入については、これまでは特にこだわりもなく気に入ったものを気まぐれに購入していました。気にすることといえば、泡立ちがよい、洗い上がりがすっきりする、香りが良いなどのことでしょうか。でも、実は後々気がついたのは、これらは全てあまり良くないシャンプーの証しです。それに気がついてからは、常にラベルに気をつけ、できるだけ髪に良い自然派のシャンプーを選ぶように心がけています。私のシャンプー選びのチェックポイントは次の通りです。

洗浄成分は天然界面活性剤

シャンプーの主成分は洗浄成分です。洗浄成分のなかで最も髪や頭皮に影響が強いのは高級石油系界面活性剤です。これは市販のシャンプーのほとんどに使われる洗浄剤の成分で、泡立ちがよく、洗浄力が強いのが特徴です。一方で刺激が強く、頭皮に強い洗浄成分でもあります。そのため頭皮に強いダメージを与えます。もう一つの種類としては、石鹸系洗浄剤がありますが、こちらは強いアルカリ性なので、皮膚の弱い方などには不向きです。そこでおすすめなのが、洗浄力が弱く泡立ちが控えめなアミノ酸系洗浄成分です。アミノ酸系洗浄成分は、頭皮や髪への刺激が少なく、保湿力が高いのが特徴です。最初はあまり泡立たないので、ちゃんと汚れが落ちているのが不安だったのですが、これを使い始めてから頭皮がしっとりと落ち着くようになりました。

添加物が少ないものを選ぶ

添加物が少ないものを選ぶようにしています。シャンプーに多い添加物としては、シリコンや防腐剤があります。シリコンは、髪の補修効果は高いのですが、頭皮に付着すると毛穴詰まりの原因となりますし、アミノ酸+シリコンだと髪にはややベタつきを与えます。そのためノンシリコンシャンプーを選ぶようにしています。そして防腐剤も同様です。それ以外にも、紫外線吸収剤、合成ポリマー、合成着色料、合成香料なども含まれていないものが良いシャンプーです。

オーガニック素材が多い

できるだけオーガニック材料の配分が多いものを選ぶようにしています。これはシャンプーによってかなり違いますが、90%以上オーガニック素材というものも珍しくありません。一言でオーガニック素材と言ってもいろいろな種類があるので、良い植物エキスや天然オイルなどが配合されているものを選ぶのがおすすめです。

自然派シャンプー

認定ラベルも確認

以前、ヨーロッパの認定協会についてご紹介しましたが、こちら(イギリス)のオーガニック商品のほとんどはいくつかの認定マークがついています。これの数や種類によって、商品の良し悪しの判断の基準になります。

良い自然派シャンプーを選ぶには

良いオーガニックシャンプーを選ぶには、やはりラベルを毎回チェックするのが一番大切です。特に、添加物の有無は一番気になる点です。日本でも最近は無添加シャンプーが増えていますが、どのような添加物が配合されていないのかを確認しておく必要があります。特に肌の弱い方や敏感肌の方は無添加が肌荒れや肌トラブルの原因となります。特にそのような方にはオーガニックシャンプーをおすすめします。ダメージヘアが気になる方や薄毛・抜け毛対策している方が長期的に使い続けていくのにも、やはりオーガニックシャンプーが一番です。髪や頭皮に優しいシャンプーは、長期液な経年の効果が年々現れてきますので、年を重ねても美しい髪を維持するのはやはり天然素材のシャンプーがおすすめです。

(文:宮本燈)


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。