メチルパラベンと比較したエッセンシャルオイル、植物エキスの防腐効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

メチルパラベンと比較したエッセンシャルオイル、植物エキスの防腐効果

カテゴリー:

エッセンシャルオイル

防腐剤は化粧品の製造、パッキング、保管、そして使用期間中の微生物学的な純度を維持する為に加えられます。化粧品に含まれる防腐剤は少量にも関わらず、使用者のアレルギーの主要な原因になると考えられています。市場に出回る化粧品の殆どに使用される防腐剤は抗菌作用で知られるメチルパラベンです。しかしメチルパラベンは人間への有害な作用が報告されている為、より安全で効果的な抗菌作用のある自然物質の必要性が増しています。

メチルパラベンの代わりに使用できる成分の必要性

 

メチルパラベンは細菌より真菌に対してより効果的で、細菌の中ではグラム陽性細菌に対しては効果が高いですが、シュードモナス属に対しての効果は低いです。メチルパラベンは防腐剤として様々な利点がありますが、これまでのいくつかの研究で、化粧品での使用は人間に有害な作用があることが報告されています。よって、現在の化粧品業界は有害な防腐剤を減らすか使わずに、抗菌効果のあるハーブエキスやエッセンシャルオイルなど植物由来の成分を使用することで化粧品の微生物学的純度を維持する方法が必要です。

 

メチルパラベンと比較した植物エキス、エッセンシャルオイルの抗菌効果

 

ポーランドで、植物エキス(カミツレ、アロエベラ、キンセンカ)、エッセンシャルオイル(ラベンダー、ティーツリー、シナモン)とメチルパラベンの抗菌効果を比較する実験が行われました。エキス(2.5%)、エッセンシャルオイル(2.5%)、メチルパラベン(0.4%)の、緑膿菌ATCC 27853、大腸菌ATCC25922、黄色ブドウ球菌ATCC 29213に対する抗菌作用を検査しました。

 

寒天ディスク拡散法による抗菌作用の測定:阻止円の大きさ(mm)

緑膿菌

ATCC 27853

大腸菌ATCC25922 黄色ブドウ球菌ATCC 29213 カンジダアルビカンス
ラベンダーオイル 17 18 15
ティーツリーオイル 17 8 11 10
シナモンオイル 44 24 32 39
カミツレエキス 7 7 7
アロエベラエキス 7 9 8
キンセンカエキス 8 7
メチルパラベン 9 8 8 9

 

その結果、エッセンシャルオイルは、植物エキスやメチルパラベンに比べ高い抗菌力があることが分かりました。また、種類にもよりますが、試験したエッセンシャルオイルは阻止円の大きさが8~44mmでメチルパラベンの8~9mmに比べ1~3.5倍高い抗菌作用を示しました。この結果から、植物エキスやエッセンシャルオイルは化粧品の使用時、保管時に微生物学的な純度を維持でき、メチルパラベンの代わりに使用できる可能性があることが分かりました。ラベンダーオイルとキンセンカエキスは大腸菌に対する抗菌作用が見られませんでした。また、植物エキスはカンジダアルビカンスに対して抗菌作用を示しませんでした。寒天拡散法による阻止円の大きさを比較すると、シナモンオイル、ティーツリーオイルがメチルパラベンと比較して高い抗菌作用を示すことが分かりました。

 

まとめ

 

ポーランドで行われた調査で、メチルパラベンと比較したとき、シナモンオイル、ティーツリーオイルが高い抗菌作用を示したことが分かりました。よって、これらのエッセンシャルオイルは化粧品の使用、保管中の微生物学的純度を保ち、自然化粧品にメチルパラベンの代わりに使用できる特性があると考えられます。

 




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。