お酒の席に使われる肝臓を助ける牡蠣エキス | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

お酒の席に使われる肝臓を助ける牡蠣エキス

カテゴリー:

牡蠣エキスといえば、宴会や忘年会といったお酒の席のお供に使われています。それは肝臓の機能を高めてアルコールを次の日に残さないようにするための健康食品であり、二日酔い対策に使える食べ物です。今回は牡蠣エキスなどお酒対策に使える健康食品をフォーカスしていきます。

肝臓の働き

肝臓とは腹の右中にある内臓であり、臓器の内でもっとも大きなものとなっています。栄養素の吸収や有害物質の無毒化などが有名な働きですが、すでに判明しているだけでも五百を超える作用を持つことが分かっています。

体積が大きく再生能力も高い頑丈な肝臓ですが、その反面病気になっても症状が現れづらいというデメリットがあります。その特徴から「沈黙の臓器」と呼ばれており、病気が進行してから症状が現れてしまいます。これを防ぐため、年に一回は定期検診を受診することが奨励されています。

脂質をエネルギー源に変える重要な働き

肝臓は食物から摂取したタンパク質や脂質といった栄養素を、使いやすいエネルギー源にしてため込んでおく働きがあります。必要に応じてそれらの物質を体中に送り、健全な身体活動を助けているのです。

またそれらの栄養素を吸収するうえで消化を補う胆汁を生成する役割も担っています。胆汁は胆嚢に溜められる黄褐色の液体ですが、肝臓で作られてから総肝管を通って一時的に貯蔵されます。そして脂肪の消化や吸収を助けて重要なエネルギー源を確保するのです。

肝臓を助ける牡蠣エキス

ドラッグストアなどで売られている牡蠣エキスは、お酒の席の前に飲まれることが多いです。それは、牡蠣エキスに含まれるタウリンが肝臓の働きを高めて、二日酔いや悪酔いを解消する効果があるからです。

お酒を飲んだ次の日の朝、頭がガンガン傷んだり身体がだるかったりするのは、前日に飲んだアルコールが体内に滞留しているのが原因です。厳密にはアルコールから変化したアセトアルデヒドという有毒成分が身体にダメージを与えています。本来であれば、お酒から摂取したアルコールは肝臓によって無毒化されますが、その無毒化のキャパシティを越えてお酒を飲み過ぎてしまうとアセトアルデヒドが体内に残り、様々な症状を引き起こすというわけです。

ですが、牡蠣エキスは肝臓の機能をサポートして、アセトアルデヒドが身体の中に残らないよう助ける役割を果たします。その詳細について見ていきましょう。

お酒の席に使われるウコン

仕事や付き合いで、どうしてもお酒を飲む場に行かざるを得ないときがあります。そんなときに使えるのが牡蠣エキスですが、他にもウコンなどの健康食品も使われています。使える健康食品が一つだけですと心もとないので、事前にできるだけ多くのサプリメントを用意しておくと万が一のときに役立つかもしれません。

ウコンもまた牡蠣エキスと同じように肝機能を高める効果があります。クルクミンという特有成分が肝臓の持つアルコールの解毒作用をサポートして、尿として排出することを促します。サプリメントを選ぶ際には、このクルクミンの配合量がポイントとなりますので注意しましょう。少なくとも一粒当たり5mg以上入っているものを推奨いたします。

またウコンには食欲増進作用もありますので、なんだか食べる気が出ないときにも使えます。虚弱体質などが原因で、食が細い方でも胃の働きを促進して栄養の吸収を促す効果があります。病気でもないのに、食が進まない方にオススメの健康食品です。

牡蠣エキスとウコンを使うことで、より多面的に健康効果を実感することができます。さらにこれらの健康成分を合わせた健康食品もありますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。