妊活に役立つカキエキス | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

妊活に役立つカキエキス

カテゴリー:

カキエキスは亜鉛が豊富であり、妊活に役立つ健康食品となっています。カキエキスの妊娠に良い使い方を学びつつ、妊活の様々なやり方を知っていきましょう。  

カキエキスに多く含まれる亜鉛

亜鉛は牛肉やレバーなどに豊富に含まれる栄養素ですが、カキはその中でも群を抜いて亜鉛をたくさん含んでいます。成人男性でもカキを3個食べれば十分必要量を補えるほどです。

カキエキスはカキを煮詰めて成分を凝縮した健康食品のため、亜鉛を含む多くの健康要素がふんだんに入っています。 

亜鉛が妊活に役立つ理由 

男性の性機能のサポート

妊娠は女性の卵子だけでなく、男性の精子の質も重要なファクターとなります。亜鉛が欠乏していると、精子の質が悪くなってしまい妊娠しづらくなってしまいます。亜鉛の欠乏症としては他に味覚障害や口の周りの肌荒れなどが見られますので、それらの症状のある方は亜鉛不足による精子の運動率の低下を疑いましょう。

女性にも役立つ

また女性にとっても亜鉛は妊娠に役立ちます。亜鉛は身体で行われる多くの化学反応を支える触媒として機能しており、女性ホルモンの健全な分泌にも作用しています。排卵には女性ホルモンの安定的な分泌も必要ですので、亜鉛をとることで妊娠しやすい身体に調整できます。 

様々な妊活

公的助成制度を利用する

近年日本では著しく出生率が低下しているため、妊婦の方を助成する公的制度が多く存在します。それらについて学んでいきましょう。

妊娠や出産には健康保険がきかない!?

多くの方が初めて妊娠して病院費用について調べてみると、出産には健康保険が基本的に適用されないことに驚かれます。多くの方が経験されるはずの出産なのに、健康保険が使えないのはおかしいと感じる方もいらっしゃいます。ですが、健康保険は病気や疾患に対する明確な効果が期待できる医療行為に対して使われるものですので、出産は病気などには当たらないため仕方ないような気もします。

出産は術式にもよりますが、大体50100万円ほどかかると言われています。急な出費としてはなかなかの額です。

その内訳としては、妊婦健診が一回80001万円で10回程度で810万円、出産時にかかる手術費用や差額ベッド代に3050万以上、そのほか乳母車など必要なものを揃えるのに1020万円かかるといったところです。 

出産時の手当金 

出産一時金・・・子供一人につき、42万円支給される制度です。

出産手当金・・・産前42日と産後56日の計98日間、給与の2/3が支給される制度です。

奥様が専業主婦やパートの場合は、ご主人様の加入している健康保険から受け取れます。奥様自身が会社員の場合は、自身の健康保険から申請しましょう。自営業の場合は、国民健康保険から申請します。

それぞれの場合によって、手続き場所は勤務先だったり地元の役所だったりで異なりますので注意しましょう。

出産に関してはこれらの手当金が該当しますが、他にも失業保険や高額療養費制度など使うことができる制度はかなり存在しますので、調べておきましょう。 

【補足】

帝王切開の場合は健康保険が適用される 

自然分娩は全額自己負担ですが、帝王切開の場合は健康保険が使えます。もっとも帝王切開は胎児が子宮から出てこないなど深刻な状況にあるときに使われる手法であり、自身の希望で行うことはできません。また母体に傷をつけるため、できれば避けたいやり方です。

帝王切開は民間保険の支払い対象になっている場合もありますので、保険会社に適用できるかどうか確認しましょう。「入院給付金」も支払われますが、帝王切開は「手術給付金」の対象ですのでその点に注意しましょう。

病院によって費用は様々 

最近ではクリニック的な場所でも出産することができ、ニーズの幅が広がっています。

大規模病院

大体200床以上あれば大病院といってよいでしょう。手慣れた医者の方が多いイメージですが、医者は割と入れ替わりも多いですので、担当医の方の経験や専門医資格などを確認しておきましょう。

大部屋がありますので、差額ベッド代を安く抑えることができます。

小~中規模病院

地元で出産を多く行っている病院があれば信頼性が高いです。ここでも担当医の経験などを確認しておきましょう。またご家族の方も足を運びやすいのが長所です。

大部屋や個室で差額ベッド代がかなり違ってきますので注意しましょう。

クリニック的産院

東京など都会的な場所で見られますが、それ以外ではまずないように思えます。政令指定都市にも全部ないような気がします。

インテリアなどを意識しているオシャレなところが多いです。エステや特別な食事なども出しており、かなり融通がききます。ただしかなり費用が高額になり、100万や150万ほどかかることもあるようです。

助産師

病院があまりなく、診療所がメインだった時代には、産婆さんが家に来て出産を手伝っていました。現代ではほとんど見られませんが、産婆さんは斬捨て御免の大名行列を横切っても大丈夫なくらい敬意を払われている職業でした。

費用はかなり抑えることができますが、麻酔も使えないためかなりつらいと言われています。

自治体の助成制度もチェックしておく

最近では国が主導している健診の無償化の潮流から、自治体が健診を無料で行うパターンも多くなっています。妊娠の場合10回以上健診することも多いので、あればかなりありがたい制度となります。地元の役所や病院などに聞いて確認しましょう。母子手帳の交付時に無料券を配布するところもあるようです。

民間保険を見直しておく

民間保険も会社によっては出産時に給付金を受け取れる商品も存在します。妊娠の時期は、子どもを養育することで、死亡保険金の見直しや養育費の積み立て、入院時に必要な補填分のお金など色々変わってきますので見直すことが多いです。もっとも妊娠してからだと、不担保条件の付与などせっかく入っても受け取れないパターンが非常に高いので、妊活の段階から見直しておきましょう。

従来では死亡リスクや入院リスクなどが考慮された保険商品がメインでしたが、最近では就業不能リスクなど新たな危険性が考えられた商品が登場しています。大黒柱がなくなることで残された家族を養うだけでの保険金や、入院した時にその費用を補うための保険金は考えられていましたが、重症を負って働くこともできない状態に陥ったケースに対応しています。高度障害よりも軽度なレベルで受け取ることができますので、かなり便利だと思います。傷害保険などとも違った新しい保険です。 

家族以外に頼れる人を作る

案外地元の子育てサポートセンターが役立ちます。地方の行政も子育てのサポートに奔走しているところが多いので、情報提供やサポートに一生懸命です。

また子育てで同じ悩みを持つ方が多くいますので、不安を共有できるのも強みでしょう。妊娠や出産してから行く方も多いですが、それからだと心理的ハードルが高いかもですので、妊活の段階から行っておいた方がラクだと思います。もっともご自身のお好きなタイミングがベストです。

お子様が生まれたら 

昔は幼稚園や保育園に簡単に入ることができていましたが、最近では待機児童がかなり多く社会問題として顕在化しています。届け出もされていない場所がまれにありますので、事前に役所などで確認しましょう。

手続きなどで時間をとるうちは、地元のサポートセンターや親戚など預けておけるところを必ず確保しておきましょう。社会性や人格形成などの面から共同生活を送る幼稚園などで過ごすことはかなり重要ですので、確保しておくことを強くお勧めします。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。